ダムや駅、ライフラインなど、
まちの整備で暮らしを守る。

環境に配慮した社会基盤の整備は、私たちが豊かで安心・安全な生活をおくるために必要不可欠です。社会基盤は、国土の管理・保全(道路や橋、ダムなど)、交通・輸送システム(鉄道、駅など)、ライフライン(電気や水道など)など広い領域にわたり、生活に密接にかかわっています。近年では、現代人の生活や、自然環境や気象の変化にともない、防災、情報セキュリティ、環境保全、景観デザインなど、社会基盤を担う土木技術者へのニーズが急速に拡大しています。そこで本学では、「工学部 環境土木工学科」を新たに設置し、人の暮らしの基盤となる まちづくり を支える、広い視野と高度な知識と技術を持った人材の育成を計画しています。

住まい・インテリア、建築や街など、
建築環境をトータルデザイン。

建築物を企画・設計、デザインするには、自然環境や地域・都市環境との調和の観点が大切だと言えます。そして近年の建築技術の進歩・発展は高度な域に達し、さらに次世代の課題は、心豊かな生活の質を求めて、心身ともに快適に楽しく過ごせる建築空間を実現することが重要です。新たに設置を計画している「環境学部 建築デザイン学科」では、従来からの一級・二級建築士などの国家資格等としての高い知識・技能を身につける教育に加え、「住まい・インテリア」、「計画・設計」、「構造・生産・維持管理」についても深く学び、人の暮らしの身近な生活をプロデュースし総合的にデザインできる人材を育てます。

構造物の設計に必要な力学や材料学の知識に加え、CADで設計する総合力を身につけます。

海・川・大気の環境修復技術や、エネルギー・資源に関する知識を学び、環境と共生するまちづくりの技術を身につけます。

自然災害や景観を考慮した都市計画や交通計画を学び、都市の空間をデザインする力を身につけます。

測量学実習

構造物の設計施工に必要となる測量技術を体験型学習で身につけます。測量機器の構造と原理、操作方法に加え、建設現場で必要な実践的なスキルも修得します。

空間創造実習

具体的な課題に沿って、安全で快適な都市空間を、学生たち自身が計画・立案します。工学の立場から、都市のかかえる諸問題を解決していく力を身につけます。

その他カリキュラム

■ 構造力学
■ 地盤工学
■ コンクリート工学
■ 耐震工学 など

■ 環境診断と評価
■ 河川工学
■ 新エネルギー学
■ 都市環境保全 など

■ 都市計画
■ 景観設計
■ 都市防災工学
■ 橋梁工学 など

人々の安心で豊かな生活を支える社会基盤の整備とともに、防災、エネルギー、自然など環境と共生するために必要な技術を持った土木技術者を養成します。

建設業、建設コンサルタント業、建設資材の製造業、公務員 など

1級土木施工管理技士、測量士、高等学校教諭一種免許状(工業)

理性と感性によりさまざまな技術・芸術を総合し、生活の質をさらに高めるための建築デザイン能力を身につけます。

安全や快適につながる建築構造や建築設備、またそれを維持管理するための知識など、建築デザインに関する幅広い知識を身につけます。

人間工学系科目やインテリアの計画・造作に関わる科目を総合的に学び、住まいをトータルコーディネートする知識と技能を身につけます。

工房実習

企画・設計・製造工程の検討といった具体的なデザインプロセスに沿って、木材などの素材を用いて家具や生活道具を製作し、構造性、機能性、デザインの多様性を学びます。

コンピュテーショナルデザイン

自由な発想を可能にするCAD/BIM(3D設計ソフトウェア)を用いてデザインし、3Dプリンタによる模型などのアウトプットを含めたコンピュテーショナルデザインを実践します。

その他カリキュラム

■ インテリア計画
■ 色彩・照明演習
■ プロダクトデザイン演習
■ デザインワークショップ
など

■ 建築計画
■ 建築デザイン論
■ 建築デザイン実習
■ デジタルファブリケーション
など

■ 構造力学
■ 構造デザイン
■ 建築生産
■ 建築維持管理
など

人と建築の関係に視点を置いて、人びとの豊かな未来の営みに向けて取り組める高度な建築技術者を養成します。

住宅産業、建設業、設計事務所や不動産管理などのサービス業、建築資材・住宅設備などの製造業 など

建築士(一級・二級)、建築施工管理技士、建築設備士、マンション管理士、インテリアプランナー、インテリアコーディネーター、商業施設士、積算士、高等学校教諭一種免許状(工業)

各学科の詳細ページへ