情報コミュニケーション学科

情報コミュニケーション学科

2020年4月開設

社会や暮らしに役立つ、
情報コミュニケーション学科の学び

 

学科の学び

 

学科の学び

過疎化や高齢化の進む
中山間地域の「これから」に
着目してみましょう。

自家消費のために野菜などを栽培している世帯では、余剰分が出ても卸売市場に出荷するほどの量にはなりません。しかし、有機栽培にこだわっているなど、付加価値の高いものもあります。こうした小さな農家の少しの農作物でもネット上に集約すれば、ひとつの「市場」を構成できます。こうして生産者と消費者を「つなぐ」ことができれば、余剰生産分を利益に変えて地域に役立てることもできます。
また、「移動手段の確保」も課題としてあげられます。過疎地域だと路線バスは採算がとれません。しかし、固定のルートを設けず、AIの技術を活用して住民のニーズを調整、効率の良いルートで運行すれば費用対効果を改善することが期待できます。また、コネクテッド・カーが普及し、平日に使われない自家用車、休日に使われない企業の営業車をシェアすることができるようになれば、さらに費用を抑えることができるでしょう。これらを俯瞰してみると、中山間地域においても、持続可能で豊かな暮らしを実現することができる可能性を見いだせます。

過疎化や高齢化の進む中山間地域の
「これから」に着目してみましょう。

自家消費のために野菜などを栽培している世帯では、余剰分が出ても卸売市場に出荷するほどの量にはなりません。しかし、有機栽培にこだわっているなど、付加価値の高いものもあります。こうした小さな農家の少しの農作物でもネット上に集約すれば、ひとつの「市場」を構成できます。こうして生産者と消費者を「つなぐ」ことができれば、余剰生産分を利益に変えて地域に役立てることもできます。
また、「移動手段の確保」も課題としてあげられます。過疎地域だと路線バスは採算がとれません。しかし、固定のルートを設けず、AIの技術を活用して住民のニーズを調整、効率の良いルートで運行すれば費用対効果を改善することが期待できます。また、コネクテッド・カーが普及し、平日に使われない自家用車、休日に使われない企業の営業車をシェアすることができるようになれば、さらに費用を抑えることができるでしょう。これらを俯瞰してみると、中山間地域においても、持続可能で豊かな暮らしを実現することができる可能性を見いだせます。