環境への取り組み事例

広島工業大学では、環境憲章の理念のもと、環境に配慮した取り組みを積極的に推進しています。

マツダ デミオEVをリース契約

教育機関では全国初となる、マツダ デミオEV(電気自動車)をリース契約しました。EVは、電気をエネルギーとして走行する車で、環境負荷となる従来のエンジンを搭載していないエコカーです。
本学では、デミオEVを公用車として使用するだけでなく、「見える教材」として使用していない時の学内展示やイベント時に一般公開を行います。また、授業でも活用し教育・研究に役立てます。

教育機関では全国初!マツダ デミオEVをリース契約しました。

デミオ EV

クールビズおよび省エネ対策

広島工業大学では2011年度から、クールビズの実施および省エネ対策を行っています。大学全体の夏期消費エネルギー(電力・ガス)を平成26年度と比べ3%削減することを目標に掲げ、今夏のエネルギー使用抑制への取り組みを全学的に実行します。

お知らせ「目指せ!エコ・キャンパス宣言!本日、5月16日(月)から省エネ活動を開始します。」

講義棟「Nexus21」は、環境憲章を具現化するエコ・キャンパスを目指しています。

  • 中庭を利用した自然採光&自然換気
  • 天然ガスによる自家発電コージェネシステムを導入。天然ガスによる自家発電を行い、CO2の排出と電力の需要を抑えています。また、その際発生する排熱を空調エネルギーに有効利用しています。
  • 雨水・井戸水をトイレの洗浄水や樹木への散水に利用。
  • アルミルーバーによるライトシェルフシステム
    窓からの反射光を天井面へ導き、窓面輝度を抑制するとともに照明の負担を抑えています。
  • エスカレータの自動運転化
    エスカレータ手前に設置した人感センサで人の乗り降りを感知して、自動的に運転の開始・停止を行っています。
  • このほかにも、エアコン・換気装置(全熱交換機付)・照明器具・変圧器・衛生器具(節水型)など、運動効率のよい高効率のものを採用しています。
コージェネレーションシステム

風力・太陽光発電機の設置

発電機で蓄電された電力は、キャンパス内の学生憩いの場(アゼリア広場)の庭園灯に利用しています。

「みどりのポスト」を学内30ヶ所に設置(2009年4月~)

ダンボールのポストに機密文書などの古紙を回収し、トイレットペーパーへリサイクルするシステムです。

ごみの分別

燃えるごみ、プラスチック、空きカン・空きビン、ペットボトルなど、分別ごみ箱を学内各所に設置し、分別収集の徹底を図っています。

キャンパス・クリーン・キャンペーンの実施

年2回(6月・10月)、学生団体「自治会執行部」の主催で学内・学外の一斉清掃を行っています。
実施期間中は、昼の休憩時間や放課後に、学生と教職員が普段お世話になっている地域やキャンパスを自分たちの手できれいにし、環境問題への意識・関心を高めることを目的に行っています。

クールビズ宣言(2005年6月~)

地球温暖化防止策として、教職員の「ノーネクタイ・ノー上着運動」(5月~10月)を実施しています。

「緑のカーテン」プロジェクト

植物を利用して温暖化を防止するための研究を工学部建築工学科 清田誠良教授と学生が行っています。
昨年からキャンパスの数ケ所にゴーヤとアサガオを植え、「緑のカーテン」を育てています(写真:2009年6月11日撮影のゴーヤ)。内外の気温を測定し、その効果について検証。

図書館の雑誌をリユース

前年度図書館で購入した雑誌(ファッション・スポーツなど)を、学生を中心に引き取ってもらうシステム。リユースは、年に1回(5月頃)行っています。 この取り組みは、2007年度から始まり、2009年度は288冊がリユースされました。

附属図書館

広島県実施「街中クールシェア」に図書館が協力施設として参加

2012年、広島県が実施している「街中クールシェア」に参加しました。「街中クールシェア」とは、ピーク時の電力を下げるために、電力需要が最も多くなる平日の昼間に家庭のエアコン等を消して、涼しい場所に出かけて過ごそうというものです。
各家庭でのエアコンによる電力使用量を減らす効果があります。

街中クールシェアに協力しています。

沼田校舎に「ECOアラーム」導入

2011年4月から、本学沼田校舎にて中国電気保安協会が提供している「ECOアラーム」を導入しています。「ECOアラーム」とは、電気の使用量をリアルタイムに画面に表示し、使いすぎを事前にアラームでお知らせする装置です。
電気の使用量を「見える化」することで、どの時間帯に、何が原因で電気の使用量が増加しているのかがわかるようになり、効果的な節電対策を行っています。

沼田校舎
本学沼田校舎のエコな取り組みが、中国電気保安協会広報誌に取り上げられました!

Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧いただくには、
アドビ システムズ社から無償提供されているAdobeR ReaderTMプラグインが必要です。