アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー

アドミッション・ポリシー

広島工業大学は、「建学の精神」及び「教育方針」に則り、ディプロマ・ポリシーに定めた学修到達目標を実現できる潜在的な力を有した学生を求めて、以下のとおり、学部毎の入学者受入れ方針を定めます。この方針に基づき、能動的かつ主体的に行動する学生を受入れ、特色ある教育・研究を展開して、社会に奉仕する倫理観ある技術者を育成します。

学部

工学部

工学部では、ディプロマ・ポリシーに基づき、工学に関するものづくり関連知識と技能に深い関心を持ち、その課題発見と解決の意欲に溢れ、人間力豊かな人材を育成するために、次のような入学者を求めています。

<知識・技能>

  • 工学を学ぶ上で必要な数学、理科、英語などの基礎科目について、高等学校の教科書レベルの基礎的な知識を有し、主体的な学修に意欲を持つ人。

<思考力・判断力・表現力等の能力>

  • 工学を志向し、物事を多面的に思考して判断した上で、自分の考えを論理的に表現し、伝える能力を持つ人。

<主体性を持ち多様な人々と協働して学ぶ態度>

  • 工学技術における様々な問題に関心を持ち、課題を解決するために、他者と協働しながら、身に付けた知識を役立てたいという意欲を持つ人。

〇入学者選抜の方針
工学部では、上記に示す人材を選抜することを目的とし、次の入学試験制度を設ける。

  • AO入学試験では、調査書、課題、面接、グループ討論又は作業により、工学分野における能力、意欲、適性を多面的かつ総合的に評価する。
  • 併願推薦入学試験では、学力検査により、英語、数学の基本的な学力、また、調査書により、学びたい意志を示す活動実績を評価する。
  • 推薦入学試験(併願推薦入学試験を除く)では、面接及び調査書により、技術を学びたいという具体的かつ強い意志を評価する。
  • 一般入学試験(A日程及びB日程)では、学力検査により、英語、数学、理科(物理、化学、生物のいずれか)の学力を評価する。
  • 一般入学試験(C日程)では、学力検査により、英語、数学の学力を評価するとともに、面接により、技術を学びたいという具体的かつ強い意志を評価する。
  • 大学入試センター試験利用入学試験では、大学入試センター試験の成績により、英語、数学、理科(物理、化学、生物)の学力を評価する。

情報学部

情報学部では、ディプロマ・ポリシーに基づき、情報に関するものづくり関連知識と技能に深い関心を持ち、その課題発見と解決の意欲に溢れ、人間力豊かな人材を育成するために、次のような入学者を求めています。

<知識・技能>

  • 情報学を学ぶ上で必要な数学、理科、英語などの基礎科目について、高等学校の教科書レベルの基礎的な知識を有し、主体的な学修に意欲を持つ人。

<思考力・判断力・表現力等の能力>

  • 情報学を志向し、物事を多面的に思考して判断した上で、自分の考えを論理的に表現し、伝える能力を持つ人。

<主体性を持ち多様な人々と協働して学ぶ態度>

  • 地域社会や国際社会における様々な問題に関心を持ち、課題を解決するために、他者と協働しながら、身に付けた知識を役立てたいという意欲を持つ人。

〇入学者選抜の方針
情報学部では、上記に示す人材を選抜することを目的とし、次の入学試験制度を設ける。

  • AO入学試験では、調査書、課題、面接、グループ討論又は作業により、情報学分野における能力、意欲、適性を多面的かつ総合的に評価する。
  • 併願推薦入学試験では、学力検査により、英語、数学の基本的な学力、また、調査書により、学びたい意志を示す活動実績を評価する。
  • 推薦入学試験(併願推薦入学試験を除く)では、面接及び調査書により、技術を学びたいという具体的かつ強い意志を評価する。
  • 一般入学試験(A日程及びB日程)では、学力検査により、英語、数学、理科(物理、化学、生物のいずれか)の学力を評価する。
  • 一般入学試験(C日程)では、学力検査により、英語、数学の学力を評価するとともに、面接により、技術を学びたいという具体的かつ強い意志を評価する。
  • 大学入試センター試験利用入学試験では、大学入試センター試験の成績により、英語、数学、理科(物理、化学、生物)の学力を評価する。

環境学部

環境学部では、ディプロマ・ポリシーに基づき、自然環境、社会環境及び人間環境に関するものづくり関連知識と技能に深い関心を持ち、その課題発見と解決の意欲に溢れ、人間力豊かな人材を育成するために、次のような入学者を求めています。

<知識・技能>

  • 環境学を学ぶ上で必要な数学、理科、英語などの基礎科目について、高等学校の教科書レベルの基礎的な知識を有し、主体的な学修に意欲を持つ人。

<思考力・判断力・表現力等の能力>

  • 環境学を志向し、物事を多面的に思考して判断した上で、自分の考えを論理的に表現し、伝える能力を持つ人。

<主体性を持ち多様な人々と協働して学ぶ態度>

  • 自然環境、社会環境及び人間環境における様々な問題に関心を持ち、課題を解決するために、他者と協働しながら、身に付けた知識を役立てたいという意欲を持つ人。

〇入学者選抜の方針
環境学部では、上記に示す人材を選抜することを目的とし、次の入学試験制度を設ける。

  • AO入学試験では、調査書、課題、面接、グループ討論又は作業により、環境学分野における能力、意欲、適性を多面的かつ総合的に評価する。
  • 併願推薦入学試験では、学力検査により、英語、数学の基本的な学力、また、調査書により、学びたい意志を示す活動実績を評価する。
  • 推薦入学試験(併願推薦入学試験を除く)では、面接及び調査書により、技術を学びたいという具体的かつ強い意志を評価する。
  • 一般入学試験(A日程及びB日程)では、学力検査により、英語、数学、理科(物理、化学、生物のいずれか)の学力を評価する。
  • 一般入学試験(C日程)では、学力検査により、英語、数学の学力を評価するとともに、面接により、技術を学びたいという具体的かつ強い意志を評価する。
  • 大学入試センター試験利用入学試験では、大学入試センター試験の成績により、英語、数学、理科(物理、化学、生物)の学力を評価する。

生命学部

生命学部では、ディプロマ・ポリシーに基づき、健康な社会の形成に関するものづくり関連知識と技能に深い関心を持ち、その課題発見と解決の意欲に溢れ、人間力豊かな人材を育成するために、次のような入学者を求めています。

<知識・技能>

  • 生体医工学又は食品生命科学を学ぶ上で必要な数学、理科、英語などの基礎科目について、高等学校の教科書レベルの基礎的な知識を有し、主体的な学修に意欲を持つ人。

<思考力・判断力・表現力等の能力>

  • 生体医工学又は食品生命科学を志向し、物事を多面的に思考して判断した上で、自分の考えを論理的に表現し、伝える能力を持つ人。

<主体性を持ち多様な人々と協働して学ぶ態度>

  • 健康な社会の形成における様々な問題に関心を持ち、課題を解決するために、他者と協働しながら、身に付けた知識を役立てたいという意欲を持つ人。

〇入学者選抜の方針
生命学部では、上記に示す人材を選抜することを目的とし、次の入学試験制度を設ける。

  • AO入学試験では、調査書、課題、面接、グループ討論又は作業により、生体医工学又は食品生命科学分野における能力、意欲、適性を多面的かつ総合的に評価する。
  • 併願推薦入学試験では、学力検査により、英語、数学の基本的な学力、また、調査書により、学びたい意志を示す活動実績を評価する。
  • 推薦入学試験(併願推薦入学試験を除く)では、面接及び調査書により、技術を学びたいという具体的かつ強い意志を評価する。
  • 一般入学試験(A日程及びB日程)では、学力検査により、英語、数学、理科(物理、化学、生物のいずれか)の学力を評価する。
  • 一般入学試験(C日程)では、学力検査により、英語、数学の学力を評価するとともに、面接により、技術を学びたいという具体的かつ強い意志を評価する。
  • 大学入試センター試験利用入学試験では、大学入試センター試験の成績により、英語、数学、理科(物理、化学、生物)の学力を評価する。

大学院

工学系研究科

学部教育で身に付けた知識と技術を活かし、高い専門知識、豊かな創造力と実践力、そして倫理観を備えた高度専門技術者及び研究者を目指し、社会に貢献する意欲を持つ人を求めています。

専攻別アドミッション・ポリシー
知的機能科学専攻
電気電子工学専攻
機械システム工学専攻
建設工学専攻
情報システム科学専攻
環境学専攻
生命機能工学専攻

カリキュラム・ポリシー

広島工業大学は、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえて、全学共通の教養教育科目、学科固有の専門教育科目及びその他の科目を、カリキュラム・ツリーを用いて系統立て、ナンバリングにより体系化を図って、整合性を確保した教育課程を編成する。このほか、課外教育への積極的な取組みの推奨により、人間力を育成する。
教育課程の各授業科目については、シラバスにより目的、教育内容と方法、学修成果の評価基準を明示し、学生が主体的に学ぶことができる授業を実施する。
さらに、ポートフォリオシステムを用い、学生自らが、学修計画、人間力を高めるための計画及びキャリデザインを立案、実行、振返りを行う。

学部

工学部

工学部は、広島工業大学の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)をもとに、工学部の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえて教育課程を編成する。幅広い知識をもとに総合的判断力を備えた豊かな人間性を養成する教養教育科目と、工学に関する諸問題に立ち向かっていくための専門の基礎知識や技術を修得することを目的とした専門教育科目で構成する。 

学科別カリキュラム・ポリシー
電子情報工学科
電気システム工学科
機械システム工学科
知能機械工学科
環境土木工学科
建築工学科
都市デザイン工学科

情報学部

情報学部は、広島工業大学の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)をもとに、情報学部の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえて教育課程を編成する。国際感覚と広い視野を備えた豊かな人間性を養成する教養教育科目と、高度情報化社会の形成に貢献する基礎知識や技術を修得することを目的とした専門教育科目で構成する。

学科別カリキュラム・ポリシー
情報工学科
知的情報システム学科

環境学部

環境学部は、広島工業大学の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)をもとに、環境学部の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえて教育課程を編成する。幅広い知識と見識を持った豊かな人間性を養成する教養教育科目と、環境を考慮したより良い社会をつくるための基礎知識や技術を修得することを目的とした専門教育科目で構成する。

学科別カリキュラム・ポリシー
建築デザイン学科
地球環境学科
環境デザイン学科

生命学部

生命学部は、広島工業大学の教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)をもとに、生命学部の卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を踏まえて教育課程を編成する。広い視野で人と物との関係を思考できる豊かな人間性を養成する教養教育科目と、健康な社会を創出するための基礎知識や技術を修得することを目的とした専門教育科目で構成する。

学科別カリキュラム・ポリシー
生体医工学科
食品生命科学科

大学院

工学系研究科

博士前期課程では、専攻分野における研究能力又は高度な専門性を要する職業等に必要な能力と、広い技術的視野を修得することを目的とした関連科目で教育課程を編成しています。
博士後期課程では、専攻分野における研究者として自立して研究活動を行う能力又は高度な専門的職業に必要な研究能力と、その基盤となる豊かな学識を修得することを目的とした専門科目で教育課程を編成しています。

専攻別カリキュラム・ポリシー
知的機能科学専攻
電気電子工学専攻
機械システム工学専攻
建設工学専攻
情報システム科学専攻
環境学専攻
生命機能工学専攻

ディプロマ・ポリシー

広島工業大学は「建学の精神」及び「教育方針」に則り、科学と真理に関わる知識と技術を身に付け、豊かな人間性を有する倫理観ある技術系人材の養成を目的とする。この目的を踏まえ、本学が定める卒業要件を満たし、かつ、次に示す知識・理解、思考・判断、技能・表現、関心・意欲・態度を備えた者に対して学士の学位を授与する。

Ⅰ【知識・理解】
科学技術に関する基礎的知識を得てそれを応用できる。

Ⅱ【思考・判断】
持続可能な社会創出への思考に基づいて適切な対応を考えることができる。

Ⅲ【技能・表現】
幅広い教養と専門知識の汎用的技能を備え、豊かな表現力を身に付けている。

Ⅳ【関心・意欲・態度】
主体的で継続的な学びへの関心と奉仕の意欲を有し、技術者としての高い倫理観を身に付けている。

学部

工学部

広島工業大学工学部は、社会の持続的な発展を支える実践的なものづくり関連の教養と専門知識を身に付け、次世代の技術革新の担い手として、高度な専門能力と創造性を兼ね備え、強い責任を持って自律的な行動ができる技術者を養成することを目的とする。この目的を踏まえ、本学が定める卒業要件を満たし、かつ、次に示す知識・理解、思考・判断、技能・表現、関心・意欲・態度を備えた者に対して学士の学位を授与する。

Ⅰ【知識・理解】
ものづくりの基盤となる工学分野について、技術者に求められる幅広い教養を身に付け、基礎学力と専門知識を体系的に持ち、新しい問題に応用できる。

Ⅱ【思考・判断】
修得した専門分野の知識と情報技術を活用し、創造的かつ論理的な思考力と問題解決のために必要な判断力を持って、社会の要求に対応できる。

Ⅲ【技能・表現】
修得した知識をもとに、自らの考えを文章化あるいは図式化して、その情報や技能を正確に表現し、伝えることができる。

Ⅳ【関心・意欲・態度】
グローバルな視野に立って問題解決に向け他者と協働し、職業を通じて社会に貢献・奉仕でき、技術者としての使命感と倫理観を持って責任ある行動ができる。

学科別ディプロマ・ポリシー
電子情報工学科
電気システム工学科
機械システム工学科
知能機械工学科
環境土木工学科
建築工学科
都市デザイン工学科

情報学部

広島工業大学情報学部は、社会生活及び経済活動を支える情報学の広範囲にわたる高度な知識を修得するとともに、情報学に関わる先端技術を身に付けることで、他者と協調しながらグローバル化した高度情報化社会の形成に貢献する人材を養成することを目的とする。この目的を踏まえ、本学が定める卒業要件を満たし、かつ、次に示す知識・理解、思考・判断、技能・表現、関心・意欲・態度を備えた者に対して学士の学位を授与する。

Ⅰ【知識・理解】
社会生活の基盤となる情報学の学問体系を理解し、その広範囲にわたる高度な専門知識と幅広い教養を身に付けることで、社会における課題を解決できる。

Ⅱ【思考・判断】
グローバル化した高度情報化社会を高い英知と環境意識を持って論理的に思考し、他者と協調しながら、課題を解決するために判断できる。

Ⅲ【技能・表現】
社会生活で取扱う膨大な情報を、高度に処理する高い技能を有するとともに、ものごとに対する自らの考えを適切かつ平易に表現できる。

Ⅳ【関心・意欲・態度】
社会に対する深い関心を持ち、修得した知識を応用して社会における課題を解決する意欲を有し、高い倫理観を持って社会に貢献できる。

学科別ディプロマ・ポリシー
情報工学科
知的情報システム学科

環境学部

広島工業大学環境学部は、自然環境系、社会環境系及び人間環境系を融合した新しい領域の学修を通して幅広い教養を身に付け、グローバルな視野を持ち、良好な環境の保全並びに環境共生型社会創生を行う視点と能力を身に付けた人材を養成することを目的とする。この目的を踏まえ、本学が定める卒業要件を満たし、かつ、次に示す知識・理解、思考・判断、技能・表現、関心・意欲・態度を備えた者に対して学士の学位を授与する。

Ⅰ【知識・理解】
地球環境と居住環境を主題にした生活環境に関わる幅広い教養と知識を修得し、様々な環境問題の解決と環境共生型社会創生に向けた方策を理解できる。

Ⅱ【思考・判断】
地球環境と居住環境との持続的共生を基本にして、創造的かつ論理的に思考でき、環境共生型・循環型社会の構築に向けて、社会の要求に対応できる。

Ⅲ【技能・表現】
多様な課題に対して幅広い知識をもとに、広く用い得る技能を有し、自らの考えを文章化あるいは図式化して、正確にわかりやすく表現することができる。

Ⅳ【関心・意欲・態度】
地球環境と居住環境に関わる様々な事象と課題への関心を継承し、社会貢献への意欲を持って、技術者としての高い倫理観を有し、責任ある行動ができる。

学科別ディプロマ・ポリシー
建築デザイン学科
地球環境学科
環境デザイン学科

生命学部

広島工業大学生命学部は、工学的立場から人の生命に深くかかわる生体医工学分野と、生命科学を基盤として食品を捉える食品生命科学分野において、健康で長寿な社会形成や将来予測される地球規模の食糧不足問題への対応に貢献できる人材を養成することを目的とする。この目的を踏まえ、本学が定める卒業要件を満たし、かつ、次に示す知識・理解、思考・判断、技能・表現、関心・意欲・態度を備えた者に対して学士の学位を授与する。

Ⅰ【知識・理解】
幅広い教養とともに、基礎医学の知識や先端医療機器に関する工学的知識、又は微生物・植物・動物バイオテクノロジーや食品に関わる知識を身に付けている。

Ⅱ【思考・判断】
医療サービスや技術・製品の提供対象者の立場から、解決すべき課題に対して総合的に思考し、適切な対応を判断する能力がある。

Ⅲ【技能・表現】
生体医工学又は食品生命科学に関する課題を解決するための実践的な技能を有するとともに、自らの考えを分かりやすく表現し、伝えることができる。

Ⅳ【関心・意欲・態度】
常に生体医工学又は食品生命科学に関わる社会的課題に関心を持ち、その解決や改善に向けて積極的に奉仕・貢献する意欲を有し、併せて生命倫理と礼節に基づく態度を身に付けている。

学科別ディプロマ・ポリシー
生体医工学科
食品生命科学科

大学院

工学系研究科

博士前期課程では、各専攻が定めた教育課程を履修し、高度な基礎学力と研究・開発能力を備え、専攻分野における広い技術的視野を身に付けた人材に、学位(修士)を授与します。
博士後期課程では、専攻が定めた教育課程を履修し、新領域を開拓しうる独創能力と実現能力を持ち、豊かな学識を身に付けた人材に、学位(博士)を授与します。

専攻別ディプロマ・ポリシー
知的機能科学専攻
電気電子工学専攻
機械システム工学専攻
建設工学専攻
情報システム科学専攻
環境学専攻
生命機能工学専攻


※原文のまま掲載しています。

アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー