各種保険

健康保険被保険者証

病気やケガで医療機関を利用する時、「健康保険被保険者証」(保険証)を病院の窓口で提示すると、医療費の一部を負担するだけで、必要な医療が受けられます。
一人暮らしをする学生の皆さんは必ず保険証を持参してください。個人カードを交付されていない場合は、「遠隔地被保険者証」の申請手続きが必要となりますので、学務部が発行する「在学証明書」を添付して保護者が加入している保険証の発行機関で手続きを行ってください。
なお、在学証明書は、Nexus21 4Fコミュニケーションプラザにある証明書発行機において発行することができます。

学生保険

教育研究活動中に、不慮の事故によって傷害を被った場合の救済措置のため、「学生教育研究災害傷害保険」に、また、他人にケガをさせたり、他人の財産を損壊させたりした場合のため、「学研災付帯賠償責任保険」に全学生が加入しています。また、「学生教育研究災害傷害保険」の対象とならない場合は「安全会(通学中の事故は対象外)」から治療費などが支給されます。
各保険の条件にあったケガや事故の補償手続きは、学務部学生担当が窓口となっています。

【学生教育研究災害傷害保険】

1.保険金が支払われる場合
(1)正課中:
講義、実験、実習、演習または実技による授業を受けている間。ただし、被保険者の私的生活にかかる場所においてこれらに従事している間は除きます。
(2)学校行事中:
入学式、卒業式、オリエンテーション、体育祭、大学祭など教育活動の一環としての各種学校行事に参加している間。
(3)(1).(2)以外で学校施設内にいる間:
大学が教育活動のために所有、使用または管理している学校施設内にいる間。ただし、大学が禁じた時間もしくは場所にいる間、または大学が禁じた行為を行っている間を除きます。
(4)課外教育活動を行っている間:
大学の規則に則った所定の手続きにより、大学の認めた学内学生団体の管理下で行う文化活動または体育活動を行っている間。
(5)通学中、施設間移動中:
通学途上、または、課外教育活動などに参加する途中。ただし、大学が合理的な方法であると認めた場合。
注.学校施設外での課外教育活動中の負傷については、行事参加または行事届が提出されていることが必要です。
(6)臨床実習中(生命学部生体医工学科のみ):
病院等で行う実習中に接触感染(空気感染等除く)による感染症予防措置を受けた場合。

2.保険金の種類と額

担保範囲死亡保険後遺障害保険金支払保険金入院加算金
正課中、学校行事中 2,000万円

90~3,000万円
*2014年度入学生から
  120~3,000万円

治療日数1日以上が対象
3千円~30万円
1日につき4,000円
(180日を限度)
通学中・学校施設など相互間の移動中 1,000万円 45~1,500万円
*2014年度入学生から
  60~1,500万円
治療日数4日以上が対象
6千円~30万円
上記以外で学校施設内・学校施設内外での課外活動中(クラブ活動) 1,000万円 45~1,500万円
*2014年度入学生から
  60~1,500万円
治療日数14日以上が対象
3万円~30万円

 

【安全会】

大学管理下(授業中、課外教育活動中など)における事故で、治療日数などにより「学生教育研究災害傷害保険」の対象とならない場合は、「安全会」から治療費などが次の通り給付されます(通学中の交通事故は対象外)。

1. 負傷については、見舞金として療養費(治療費、入院費および移送費)が20万円を限度に給付されます。
2. 負傷に起因して廃疾となったときは、廃疾見舞金が最低20万円~200万円まで給付されます。
3. 死亡したときは、死亡見舞金200万円が給付されます。また、この給付対象事故の範囲は、次のとおりです。
(1)大学の編成した教育課程に基づく授業を受けているときの負傷など
(2)大学の教育計画に基づく課外指導を受けているときの負傷など
(3)学務部長の承認を得て、クラブ活動を行っているときの負傷など
(4)休憩時間中、その他大学の指示または承認に基づき大学のキャンパスにいるときの負傷など
(5)その他学長が上記(1)~(4)に準ずると認めた負傷など
注.課外教育活動中の負傷については、行事参加または、行事届が提出されていることが必要です。

 

【学研災付帯賠償責任保険】

この賠償保険は、国内外において、学生が正課、学校行事、課外教育活動またはその往復で、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したこと等により被る法律上の損害賠償金をてん補限度額の範囲内で補償します。
てん補限度額:対人賠償と対物賠償合わせて1事故につき1億円限度(免責金額0円)
本保険の対象となる事故の例として次のようなケースがあります。

 

【医学生教育研究賠償責任保険】生体医工学科のみ

生体医工学科は、上述の学研災付帯賠償責任保険の対象範囲となるものに加え、医療関連実習も対象となります。
(注意)医療関連実習については、以下の要件をすべて満たす場合に限ります。
1.大学が正課または学校行事として位置付ける実習であること。
2.被保険者がその専門資格に関わる行為を業務(アルバイトその他恒常的に行うものを含む。)として行っていないこと。
3.1.2.について保険金請求時に大学の証明が得られること。