女子学生キャリアデザインセンター

日本の他の工科系大学と同様、広島工業大学も女子学生の割合は決して高くありません。けれども本学には、女子学生の強い味方になってくれる組織があります。それは「女子学生キャリアデザインセンター」(通称:JCDセンター)です。

「ものづくり」立国として世界をリードしていた我が国。しかし、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少、および昨今の若者の理系離れで、その立場が危うくなっています。
一方、女性の社会進出により、これまで男性が担っていた業務を女性も担う時代になりつつあります。このような背景を踏まえて、社会ニーズに応えられる高い志を持った女性技術者を世に輩出することを目的として活動しているのが、JCDセンターなのです。

2007年に発足したJCDセンターは、現在130名ほどの学生幹事団と20名の教職員で構成されており、学部・学科・学年の垣根を超えた新たな絆が生まれています。また、学内外で実施する多種多様なイベントを自らが企画運営する経験を通じて、学生一人一人が着実に成長しています。

2014(平成25)年度からは「J-group」を構築し、現在は「J-eat(食)」「J-media(情報発信)」、「J-maker(ものづくり)」、「J-social(社会貢献)」、「J-friend(交流)」という5つの活動グループで、より一層活動の場を広げています。

広島工業大学の女子学生は、入学したその日からJCDのメンバーです。そして、積極的にJCDの活動をしたい学生は、いつでも学生幹事となって、さまざまな行事の企画、運営に関わることができます。

JCDセンターは、Nexus21 4階 就職部内にあります。
女子学生の皆さんは、ぜひ来てください。

JCDセンターの活動内容(一部)

  • プログラミング教室

  • こだわりルームプロジェクト

  • キャロットラジオ

  • 出張理科実験教室