保護者必見!今どき"就活"事情

お子様の就職活動を取り巻く状況は、保護者の皆様が就職活動を経験された時代とは大きく変わってきています。インターンシップによる就業経験、エントリーシートによる書類選考、インターネットを使った就職活動など、いずれも近年定着してきたものばかりです。受け入れる側の企業にしても、厳しい経済環境の中で、5年後、10年後の展望も描ききれない状況があり、寄らば大樹の陰的発想がほとんど通用しなくなってきていることも事実です。

お子様の就職をお考えいただく場合、こうした環境変化へのご理解をぜひお願いいたします。そのうえで、お子様の夢や希望、適性を客観的にご覧いただき、自主性を重んじながら、人生の先達としての適切なアドバイスを伝えていただければと思います。

本コンテンツでは、保護者の皆様に少しでも現在の就職環境をご理解いただければと思い、就職データ、アドバイスの一例などを掲載しています。全員の「確かな就職」実現の日まで、保護者の皆様と一緒になって、お子様の活動を温かく見守っていきたいと考えています。

※本コンテンツ「保護者必見!今どきの"就活"事情」は、広島工業大学に在籍する学生の保護者の方を対象としています。本学独自のスケジュールや内容により構成しているため、ほかの大学等に共通するものではありませんので、ご了承ください。また、本コンテンツの転載は固くお断りいたします。

広島工業大学での取り組み

本学では卒業研究指導教員による個別指導を中心とした、一人ひとりの個性や希望進路に合った就職サポートを展開し、お子様の「確かな就職」を実現するために日々努力、工夫を行っています。

キャリア形成支援(職業観の養成)

全学共通必須科目として「キャリアデザイン」を開講するなど、1年生の時点から卒業後の進路に向けた準備をスタートさせています。また、就業意識の高揚を図るため、企業の経営者や技術者の方を迎えて開く講演会、在学中に就業体験をするインターンシップ、就職活動を有利に進めるための資格試験対策講座・公務員試験対策講座などを実施しています。

保護者の皆様には、入学後早い時期から、これらのプログラムに積極的に参加するよう、お子様に促していただきたいと思います。実際、就職活動を開始して、履歴書やエントリーシートを書く段階になって、「何を書いていいかわからない」「PRできることがない」といった学生が多いのが現実です。入学後、ただのんべんだらりと学生生活を送っていては、就職活動で困ることはもちろん、卒業後の社会人生活においてもよい影響はないでしょう。

保護者の皆様はお子様のために高い授業料を払っておられます。大学が用意しているさまざまなプログラムやサポートは、使っても使わなくても、授業料の額は同じです。これらの支援をお子様に積極的に活用してもらい、勉強でも、クラブ活動でも、ボランティア活動でも、一生懸命やったと言えることを一つでも多く経験しておくよう、アドバイスをお願いいたします。
<参考>キャリア形成プログラム(主に1年生~3年生)

就職支援(実践力の育成)

3年生の3月から開始される採用活動に向けて、秋以降からはより実践的な内容のプログラムを用意しています。
東京や大阪など都市圏での就職活動を費用面の補助も含めて総合的に支援する「東京就職活動支援フライト」「大阪就職活動支援新幹線」、学内で開催する会社説明会や各種セミナー・ガイダンスなど、時機に合わせた多彩なサポート企画を実施しています。 さらに、履歴書・エントリーシートの書き方や面接試験の受け方の指導などに至るまで、あらゆる状況に対応できるきめ細かなサポートを行っています。
<参考>就職支援プログラム(主に3年生後半~4年生)

保護者向け懇談会の開催

本学では1年生から、本学教員が保護者の皆様方と、お子様の学修状況や学生生活、就職などについて個人懇談形式でお話しする「教育懇談会」を毎年開催しています。さらに3年生の時には、卒業後の進路について、学生本人、保護者、そして卒業研究指導教員の三者で面談を行う「就職・進学懇談会」を開催しています。この懇談会では、保護者の皆様に就職の現況や本学の支援体制をご理解いただくとともに、三者間の意思疎通を図ることで、学生の希望する進路を実現するための協力体制を確立したいと考えています。
保護者の皆様は、これらの懇談会にぜひご出席ください。
<参考>学生生活サポート体制

就職活動スケジュール

※本学における活動スケジュールの例です。活動内容(ピンクの帯部分)をクリックすると、該当ページへリンクします。

就職活動スケジュール

 

保護者のための今どき学生"就活"事情