キャリア・ピア・サポーター制度(4年生・院2年生)

「キャリア・ピア・サポーター制度」は、内定を取得した学部4年生や院2年生が、自らの体験をもとに後輩からの就職活動に関する相談に応え、有意義な学生生活を送り就職活動を成功させるためのアドバイスなどを行う制度です。キャリア・ピア・サポーターとなった学生は12月から数か月間、就職部に常駐し、下級生からの相談に応じます。

2018年度キャリア・ピア・サポーターのメッセージ
2017年度キャリア・ピア・サポーターのメッセージ
2016年度キャリア・ピア・サポーターのメッセージ
2015年度学生キャリアアドバイザーのメッセージ
2014年度学生キャリアアドバイザーのメッセージ

※「学生キャリアアドバイザー」は、2016年度から「キャリア・ピア・サポータ―」に名称変更しました。