2011年度学生キャリアアドバイザーのメッセージ

自分を信じて就活に臨もう。

工学部都市建設工学科 卒
原田 敏成君
岡山県立笠岡工業高校出身

就職部で開催されるセミナーによく参加していたのがきっかけで、学生キャリアアドバイザーに。実を言うと、私は第一志望の企業から内定をいただくことができませんでした。「この経験を後輩に伝えたい」そんな思いから、困っている後輩に自分から声をかけるようにしています。
セミナーの予約の仕方や面接のコツ、採用試験のポイントなどさまざまな質問を受けます。特に自信を失っているような後輩には「自分の能力を過小評価せずに自分を信じて」とアドバイスしています。私自身は緊張するタイプなので、面接が苦手でした。自分をよりよく見せようとして失敗したので、等身大の自分を見せることを意識したらうまくいくようになりました。「自分の短所も相手にありのまま伝える、ただし改善できる点を必ずつけ加えるように」後輩にもそうアドバイスしています。
広島工大は多様な就職セミナーや東京就活フライトなど、サポートが充実しています。ちなみに私はそのほとんどに参加しました。仲間とともに楽しみながらスキルアップして、自信を持って就活に取り組めば、必ずいい結果はついてきます。

就活は自分を成長させてくれました。

情報学部情報工学科 卒
堀 健太郎君
山口県立新南陽高校出身

エントリーの仕方から就職サイトの使い方まで、少しでも後輩の役に立てたらという思いで、できる限りのことをアドバイスしています。心がけているのは、説明会や採用試験など現場の雰囲気をできるだけわかりやすく伝えるということ。学生が対応するので話しやすいと思いますし、前年の経験をもとに話すので「生の情報」を伝えることもできます。自分から気軽に話しかけて、相手の疑問点を引き出すようにしています。
私も、就職部では履歴書の添削や面接講座などでお世話になりました。就職部の方々はみなさん親切ですし、広島工大は学校全体で就活に取り組むという雰囲気を感じています。
私自身、就職活動を進めるうちに成長できたと実感しています。苦しそうな顔をしている後輩もよく目にします。そんな時は「就活を通して一回り大きな自分になることができる」と励ましています。
後輩に伝えたいことはふたつ。ひとつは、あまり悩まずに自分が成長している過程を楽しんでほしいということ。もうひとつは、それぞれに合う企業を見つけてほしいということ。大企業や優良企業ばかりに目を向けるだけでなく、自分のやりたいことを実現できる企業を探してほしいですね。

自分探しには時間をかけてください。

環境学部環境デザイン学科 卒
杉野 早紀さん
山口県立宇部中央高校出身

実践的なセミナーがたくさんあることが広島工大のいいところだと思います。面接の講座では、元気に笑顔で対応するように教えていただきました。講座で教えてもらったこと、また本番の面接で感じたことを、今は後輩に伝えています。
普段は、女子学生の相談に乗ることが多く、スーツの着方や髪型、面接時の座り方など、女性ならではの質問にも答えています。全体では、企業の探し方や選考の流れなどを聞かれることが多いですね。そんな時は、何に興味があるのか、勤務先はどこがいいのか、話をする中で相手の希望を聞き出しながら、職種や企業を紹介しています。ただ、可能性を制限しないように、あまり職種を絞り過ぎないようにとも伝えています。また、履歴書やエントリーシートを書く際のネタ探しも、一緒に考えながら引き出すようにしています。
私は人と接しながら人の役に立つ仕事がしたくて、不動産関係の企業から内定をいただきました。仕事とは長い期間付き合うことになります。自分のやりたい仕事を見つけるための自分探しには、しっかり時間をかけてほしいと思います。