2018年度キャリア・ピア・サポーターのメッセージ

住吉 佑太さん(工学部電子情報工学科2019年3月卒業)

就職活動を振り返って

内定先はビル総合エンジニアリング企業です。私の場合、「街に残るものをつくりたい」という思いが就職の決め手となりました。就職活動では出来るだけ多くの会社を訪問し、話を聞くことを意識して行動しました。工大で行われた学内合同の会社説明会では全日程に参加し、時間いっぱい企業を回りました。また幕張メッセの合同企業説明会など、学外の就職活動イベントやインターンシップにも積極的に行って情報収集し、自分の専門分野以外にも興味を広げて話を聞いたことで、将来の新しい選択肢が増えました。当たり前のことですが、始めから希望する就職先を1つに絞るのではなく、不採用の場合を考えたり、自分に余裕を持つためにも選択肢を広げたりすることは大事だと思います。入社後は、新入社員の中でトップになるくらい活躍することが目標です。

キャリア・ピア・サポーターとしての役割は何でしょうか?

私にとってキャリア・ピア・サポーターは、ゼミの先輩が代々引き受けていたので身近な存在でした。キャリア・ピア・サポーターとして、後輩たちに積極的に声かけをして、相談しやすい環境づくりを心がけています。また、学科不問の企業研究会や面接練習のイベントを企画してサポートをしています。自分自身が経験したことを伝え、少しでも後輩の就職活動に役立ててもらうことが私の役割です。

後輩へアドバイスをお願いします

私の場合、キャリア・ピア・サポーターをしていた先輩から「会社の評判よりも、自分のやりたいことができるかどうかの方が大切」とアドバイスいただいたことから、就職先を探す視点が変わりました。キャリア・ピア・サポーターは経験を生かしたアドバイスができるので、たくさん相談してください!不安なことや悩んでいることがあれば何でも聞いてください。

横山 奈緒さん(情報学部知的情報システム学科2019年3月卒業)

就職活動を振り返って

始めはSE職を目指していたので、IT業界ばかり受けていましたが、ゼミの先生から「他の業界も受けてみたら」とアドバイスをいただいたこともあり、面接や学内合同の会社説明会で様々な企業の方のお話を聞くことにしました。その中で、製造業に興味が湧き、エントリーしました。大手企業なので「受かるはずがない」と思っていましたが、選考の結果、研究開発職として内定を頂きました。しかし、システムエンジニアになるのが中学からの夢だったのでどちらの方向へ進むか本当に悩みました。そこで最終的に絞った2社のメリットとデメリットを紙に書き出して比較分析をし、「つくる」という視点ではIT業界も製造業界も同じで、やりたいことを叶えられるのではないかと思い、製造業界に進むことを決めました。

キャリア・ピア・サポーターになったきっかけは?

就職活動時に就職部をよく利用していたこともあり、職員の方から声をかけられたことがきっかけでキャリア・ピア・サポーターになりました。12月~2月は、就活生にとって不安な時期だと思います。その時期に自分の経験談を伝えることで、落ち着いて就職活動に臨んでもらえたら嬉しいと思っています。私の場合、受けた企業の半数は筆記試験で落とされました。面接試験はほぼ合格だっただけに、勉強が不十分だったことに悔いが残っています。後輩に同じ失敗をさせないために、失敗談を伝えることも大切にしています。

後輩へアドバイスをお願いします

大学4年生や大学院2年生は、同世代で就職活動のアドバイスができる身近な存在です。相談しないのはもったいないと思います。新卒での就職活動は人生で一度きり。後悔のないように頑張ってください。