科目紹介

※ 一部の科目を紹介しています。

材料力学(Ⅰ)~(Ⅲ)

機械のある個所に力が加わった時、その部分に生まれる変形や内部への力などの関係を調べ、より安全で経済的なモノをつくる方法を考えていく講義です。

機械設計製図

図面を描く能力はもちろん、図面を読む能力も重視し、講義を展開。1年次に学んだ機械の構造や形状の知識をもとに、実際の製図に当たります。

近未来エネルギーシステム

化石燃料依存から脱却するため、現在、開発が進められている新エネルギー技術、とくに、核エネルギー、再生可能なエネルギー(太陽光、風力、バイオマスなど)、水素エネルギーの原理と現状などを学びます。

流れの力学Ⅰ・Ⅱ

ポンプ、水車、送風機、圧縮機などを題材に、流体エネルギーや機械エネルギーとは何かを学習。さらに、このふたつを変換させる流体機械の特性も学びます。