環境学部で学ぶということ

「環境に本当に良いことって何だろう」を考える学問

地球規模での環境問題の解決に向けた取り組みは自然科学、社会科学および人文科学のバランスの上に立って行わなければなりません。環境学は、これまでの対立型・分析型としての自然環境系、社会環境系および人間環境系の分野を融合した、包含型・総合型としての新しい学問です。同心円を描くとすれば、人間環境系を中心円に、その回りを囲むように社会環境系をおき、そして最外円に全体を包含するように自然環境系の分野を位置付け融合した新しい概念です。

また最近では、私たちの住む環境にとって本当に良いことは何か、環境に配慮した安全・安心な社会づくりに貢献するためには何をすればよいかが幅広い視点から研究されています。

現代人はさまざまな技術を集めた中で生活しています。環境学部での「学び」とは、環境保全を図り、環境共生を維持し持続可能に発展していくために、技術をどう活かしていくのか総合的な視点から吟味しながら考察する力を修得する学問です。