環境学部の特徴

テーマは大きく「自然と人間との共生」

本学の環境学部は、教育方針である「神と共に歩み社会に奉仕する」すなわち「自然に対する畏怖を持ち、環境を大切にする」という理念から、自然環境系、社会環境系、人間環境系の分野を融合し総合的にとらえ、幅広い視点で物事を考察し判断できる人材の育成を目的とし、創設された学部です。

創設時は、環境デザイン学科での建築物の居住環境・自然環境に与える影響などについての研究から始まりました。私たちが安全・安心に生きるためには何が重要なのか、そこから都市環境・地域環境そして地球環境へと発展し、現在に至ります。

環境デザイン学科では「建築と自然環境・都市環境との調和をめざした企画・計画・設計および管理が実践でき、環境の世紀において、社会に貢献できる人材の育成」を、地球環境学科では、「地球環境にかかわる知識と情報技術を駆使し、環境共生型・循環型社会の構築に貢献できる人材の育成」を行うことを目的としており、それぞれの学科がシンクロしながら自然と人間との共生を図るためには、どのようなことが必要なのかを研究しています。