工学系研究科 電気電子工学専攻(博士前期課程)

電気電子工学の専門的教養と広い視野を身につけた人材の育成

電気電子工学は集積回路に代表される先端電子デバイス技術、ユビキタス情報社会の高度情報通信技術、そして環境・エネルギー問題に対する社会的要請であるクリーンエネルギー関連技術も取り込み、今後の高度情報化社会を支える基幹技術としてますますその重要性を増しています。

この新しい時代に対応するため、本専攻では4つの教育研究分野を置いています。新素材およびデバイス開発に向けての「電子物性」、多種多様な電気電子回路の開発を目標とする「回路」、エネルギーシステムの最適制御法や新エネルギーの開発などに取り組む「エネルギー」、情報処理・情報認識および先端通信システムについて学ぶ「情報通信」。 これらの各分野の密接な連携のもと、幅広い視野と専門的素養を身につけた人材を育成します。

アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

シラバス検索
カリキュラムへ
就職先情報へ

4つの研究指導領域

電子物性教育研究分野 IC、LSI、VLSIの開発・製造あるいは電気機器設計などに必要となる新しい素材の開発、製造プロセス、新しい電子デバイスの設計などに関する理論と応用を学ぶ分野です。 [研究の例]
高周波多重磁極スパッタ法による薄膜形成技術に関する研究
回路教育研究分野 広範囲のハードウエアに関連する信号の発生、処理、伝送等に関する多種多様な機能回路の高性能化、高機能化を目指す電子回路工学技術などに関する理論と応用を学ぶ分野です。 [研究の例]
遺伝的アルゴリズムを用いた3次元VLSI初期配置に関する研究
エネルギー教育研究分野 コンピュータによる情報処理技術が不可欠な巨大エネルギーシステムや、パワーエレクトロニクス技術の産業への応用、新エネルギーの開発などに関する理論と応用を学ぶ分野です。 [研究の例]
供給信頼度を考慮した電力設備停止計画に関する研究
情報通信教育研究分野 各種信号処理の工学的手法、高性能情報システムの開発、情報認識と情報システムの最適構成法、先端通信システムなどに関する理論と応用を学ぶ分野です。 [研究の例]
自己組織化されたプラットホームのセキュリティに関する研究
工学系研究科 電気電子工学専攻(博士前期課程)