工学系研究科 情報システム科学専攻(博士前期課程)

高度情報化社会に貢献できる専門技術者の育成

高度情報化社会にあって、情報通信技術の発展は目覚しいものがあります。そのような時代の波に応えるため、本専攻では4分野における教育・研究を展開し、実践的技術者として社会で活躍できる人材を育成することを目的としたカリキュラムの編成を行っています。その目的を達成するために、「コンピュータ基礎」、「ネットワーク」、「アプリケーション開発」および「マネージメント」の4教育研究分野を総合的に学ぶことにより、高度な専門的能力を持つ「ITスペシャリスト」の人材育成を図ることをカリキュラム編成の基本方針としています。

特に、ITスペシャリストとして社会で活躍できる実践的技術者育成を目指し、独立行政法人情報処理機構のITスキル標準のITスペシャリストに要求される固有スキル領域(プラットフォーム、システム管理、データベース、ネットワーク、分散コンピューティング、およびセキュリティ)に関する内容は全てカリキュラム上に展開しています。

アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

シラバス検索
カリキュラムへ
就職先情報へ

4つの研究指導領域

コンピュータ基礎 コンピュータシステムの基本となるアーキテクチャ、情報数理、アルゴリズムをベースに信号情報処理、ニューロ情報処理、バイオ情報処理などへの展開を目指します。プラットフォームによる開発技術を学び、情報処理先端技術による最新情報システムの研究開発を目標とします。 [研究の例]
多変量データの解析に関する研究
右脳を実現するブレインコンピュータに関する研究
コンピュータグラフィックス・可視化・シミュレーション技術に関する研究
アプリケーション開発 高度情報化社会におけるICT技術の種々のアプリケーション分野、とくにマルチメディア情報システムとその基盤となるヒューマンインタフェースなどの認知科学、および主たるメディアである画像に関する処理技術の開発を目指します。併せてシステムの要素技術としてのデータベースの開発、さらに情報技術の人間科学への応用として人間情報の研究開発を目指します。 [研究の例]
パターン認識技術とその応用に関する研究
分光画像処理システムの開発とその応用に関する研究
生体計測システムに関する研究
病気の予防と克服に関する科学的健康法の研究
ネットワーク 高度情報通信社会におけるコンピュータネットワークの基盤技術に関する研究開発を行います。ITスペシャリストの固有スキルであるネットワークと分散コンピューティングに関する技術を学習します。そして、センサー技術を用いて得られた実世界のデータをネットワーク経由でコンピュータシステムに取り込み処理を行う本格的な情報処理システムの開発を「組込みシステム開発実践(コースワーク)」で行い、システム開発全体を統括できる人材の育成を目指します。 [研究の例]
計測情報の知的処理に関する研究
自律分散型システムの構築に関する研究
情報通信ネットワーク技術とその応用に関する研究
マネージメント 高度な情報サービス、ソフトウエアシステム技術者の養成にはプロジェクト、ソフトウエアエンジニアリングリーダのための開発およびマネージメント技術の修得が重要です。市場や顧客の要求を満たす情報システムを適切なリソースを使って開発するための実践的な技術、ビジネスオブジェクト実現のためさまざまな要請に対応し得る基本技術やソフトウエアシステム設計の基本プロセスに関する教育研究を行います。また、ビジネスロジスティックス事例に関する情報サービスシステム構築を「webサービスシステム開発実践(コースワーク)」で行い、プロジェクト管理ができる人材の育成を目指します。 [研究の例]
協調的創造活動支援のための知識マネジメントシステムに関する研究
オープンソースソフトウェアの信頼性評価法とツール化に関する研究
大学生の体力とライフスタイルとの関連に関する研究
工学系研究科 情報システム科学専攻(博士前期課程)