工学系研究科 機械システム工学専攻(博士前期課程)

21世紀の産業社会に対応できる機械技術者・研究者の育成

機械は今、「情報機能」の付加による高機能化、高能率化、高信頼化が激しく競われています。本専攻は、学部で学んだ機械工学の基礎をもとに、"ものづくり"技術を多面的に身につけた、高度専門職業人の育成を目指すことを目的としたカリキュラムの編成を行っています。

その目的を達成するために、機械工学の基礎となる「構造機能」、「生産・加工」および「エネルギー機能」の3分野を専門的に学ぶとともに、これら3分野を「システム化機能」で複合化・融合化させることにより、高機能・多機能、さらには知的なもの(機械)をつくる"ものづくり"技術の習得および研究を遂行します。

また、「構造機能」および「エネルギー機能」分野にコース・ワーク科目をもうけ、機械システムをトータルシステムとして学ぶことにより、高度な専門的学識と独創的な研究・開発能力を備えた人材を育成することをカリキュラム編成の基本方針としています。

アドミッションポリシー、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

シラバス検索
カリキュラムへ
就職先情報へ

4つの研究指導領域

構造機能 機械および材料の構造機能特性の高度化、新材料の開発と設計などに関する理論と応用を学ぶ分野です。材料組織と強度特性の関係。新金属材料の構造材料と機能材料。新素材や複合素材の力学的挙動の解析や安全性評価。超高温・超低温などでの使用に耐える超環境性の先端材料。材料科学、機械材料学、材料強度学、先端材料学などの分野を追究します。 [研究の例]
材料の信頼性、安全性およびその評価に関する研究
エネルギーシステム工学 エネルギーの利用、変換の高効率化、新システムの開発などに関する理論と応用を学ぶ分野です。流体工学の基礎的な問題および流体機械への応用、熱工学、伝熱、燃焼などに関する諸問題、熱原動機・・・。これらのテーマを通して、流体・熱エネルギーの有効利用、エネルギーの効率的変換について研究を進めます。 [研究の例]
乱流現象の解明とその制御に関する研究
生産・加工 新しい加工技術の開発と応用、生産管理運営システムの合理化などに関する理論と応用を学ぶ分野です。生産プロセスの最適化を探求。加工機械の高度化・高能率化、加工プロセスの最適化手法、製品の多様化に応える生産システム設計へのアプローチなどについて研究します。 [研究の例]
生産シミュレーション技法による最適生産システム設計
システム化機能 高度で緻密な制御関連機器や知的なシステムの開発などに関する理論と応用を学ぶ分野です。機械的システムとのモデリングと制御則からスタートし、実システムの計測・制御支援まで研究します。特に機械構造体の振動制御問題や、複雑大規模システムのモデリング法、ロボットシステムの制御、各種制御系の設計や知能化技術などは重点項目です。 [研究の例]
ダイナミックシステム(機械構造体の振動や運動)の計測・制御
工学系研究科 機械システム工学専攻(博士前期課程)