寺西 大

てらにし まさる

寺西 大 Masaru Teranishi

情報学部 知的情報システム学科 准教授
出身:徳島県 城南高校
teranisi@cc.it-hiroshima.ac.jp

専門分野

ニューロコンピューティング応用、適応信号処理、疎データ計算機トモグラフィー(CT)

担当科目

コンピュータアーキテクチャ、情報処理技術基礎、プログラミングI、プログラミングII、情報システム開発、情報システムモデリング、問題解決法

研究テーマ

  1. 音響信号に基づく紙幣疲弊度のニューロ判別システムの開発
  2. 疎データCT手法を用いた文化財画像からの三次元構造解析
  3. マイクロ波CTの像再構成計算手法の開発

ひとこと

工学の基礎を固めて、その上にキラリと個性を光らせましょう。
大きな問題にはしぶとく、笑みを浮かべて立ち向かう「タフな工大生」となってください。
卒業するまでに何か一つ、「手強いけれど、オモロイもの」となる、ライフワークの種を見つけてください。

その他(所属学会・団体など)

電気学会、IEEE、システム制御情報学会、情報処理学会

トップページ