学部長メッセージ

情報学部長 濱崎 利彦

2020年4月より「情報コミュニケーション学科(設置構想中)」がスタート。

AIやIoTなどに象徴されるように、「情報」分野は目覚ましい進化を遂げています。一方、地域に目を向けると、地元経済の発展に活用できる情報技術は何かと様々な立場の人々が模索しています。
こうした情勢をにらみ、情報学部は従来の枠組み・カリキュラムの大幅な改編を図っているところです。

第一に「知的情報システム学科」を改組。2020年4月から「情報コミュニケーション学科(設置構想中)」として新たなスタートを切ります。
情報コミュニケーション学科は、データサイエンスをベースとしたビジネスモデルやプロセスを学ぶ「経営系」と、人とメディアの関係を科学する「メディア系」の2系統で構成します。前者は「経営管理システム」「データサイエンス」の2コースに、後者は「ソーシャルメディア」「コミュニケーション」の2コースに分かれます。

学生は4コースのどれかに所属しますが、そこに安住するわけではありません。専門のコースに軸足を置きつつ、他の3コースの授業科目も修得するようカリキュラムを編成しています。そうして市場動向を幅広く捉える視点や、ITビジネスを具現化する能力を養うのです。

オープンラボも開設。新技術・ビジネスの発信拠点に。

一方、情報工学科の枠組みは変わりませんが、コースは見直します。情報工学科はコンピュータ、ネットワーク、インタフェースの3コースで構成されます。情報技術活用の上でハードとソフト両方を含む最適な組込システムについて考察するのが、情報工学科の主な役割です。

両学科とも、近年特に注目されているデータサイエンスやAI・機械学習につながる基礎分野は共通の学修科目です。さらに4年次履修の上位科目ではそれぞれのコースで「開発・デザイン」について徹底的に学びます。今日、経営における基本資源は「ヒト・モノ・カネ」に加え「情報・デザイン」であると言われます。ここでの「デザイン」とは造形を創り出すことだけではなく、使い勝手の良さやプロセスの効率性などあらゆる面をレベルアップさせ、「新たなユーザー体験」を提供することを指します。近年の情報技術の特徴はデジタルトランスフォーメーションすなわち、あらゆることのデジタル化にありますが、そこではデザインがカギを握ると言っていいでしょう。そうした状況に対応できるよう、カリキュラムを改めるわけです。

また、環境も変えます。代表例が新設予定の「HITイノベーションラボ(仮称)」です。このラボはオープンスペースで、コース・学科さらには、学年をも越えどの学生も利用できます。場合によっては、学部外あるいは学外の研究者の参加も可能。いろんな人が交わって、今までにない技術やビジネスについて議論し、新たな製品・サービス創造の拠点となることを目指すものです。

生まれたアイデアやソリューションは地域にどんどん提供。

情報工学科では信号処理・情報処理などの組込システム技術を、そして情報コミュニケーション学科(設置構想中)では経営系とメディア系を学びます。
これらの異なる系統・領域を学ぶ者同士の連携を促進する場として、ラボが機能するのです。ラボで開発・デザインあるいは自己学修していれば、自然と参加者の間の会話が始まります。そこから、若い感性に基づくソリューションが創造されるはずです。

上位科目授業やラボのコラボレーションで生まれたソリューションは、地域にどんどん還元していきます。最近も若手の教員チームが指導する「地域課題解決実習」の中で、本学が隣接する廿日市市の産業界に向け、情報技術を利用した幾種類もの地域活性策をプレゼンしました。学生らしい斬新な着眼点が地元産業界から好評を得ており、学生も手応えを感じています。
別の観点として、地元中学生を対象としたハッカソン(チームのメンバーがアイデアを持ち寄り、短期間でサービスやシステムを開発するイベント)開催も考えています。中学生のうちから最先端のAI・IoT応用技術に触れることで、高度な情報人材に成長するきっかけを提供できるかもしれません。これも地域貢献と言えるでしょう。

一つの専門に基盤をすえながら、情報技術を幅広く学べる。各コース・学科間で交流を深め、地域の課題解決に寄与するサービス・システムの開発に取り組める。実践的な学びに溢れているのが、新しい情報学部の特徴となります。

諸法実相

これは仏教用語で、「世の中の物事・事象をありのままに捉える」ことの大切さを説いています。
30年以上前、私は勤務先の研修の一環で、「深夜に見知らぬ地を決められたコース通りに踏破する」という歩行ラリーに参加していました。暗闇の中、不案内な地を歩き回っていると、自分の歩く道は本当にコース通りか?どこかで間違えたのではないか?と、どんどん疑心暗鬼になってくるのです。不安に惑わされず、眼の前の事象を客観的にとらえ、正しく判断できたものが、歩行ラリーに勝利できます。
これは研究でも同じ。沸き起こる根拠のない疑念に振り回されていては、決して真理に近づけないでしょう。