"障がいってなんだろう"-障害をテーマとした図書を紹介します-

2017年11月24日 11時05分

“障がいってなんだろう”-障害をテーマとした図書を紹介します-


皆さんは障害について、どんなイメージをお持ちですか?
持たれていないかも知れませんし、そうではないかも知れません
障害はとても身近なことです
少しでも障害に理解を示し、手を携えることは難しくないのでは・・・
期間中、図書館では障害をテーマとした図書を紹介します
まずは、この機会に“障がいって何だろう”から始めてみませんか


広島工業大学附属図書館の参加内容について
  期間:平成29年12月1日(金)~12月22日(金)
  場所:図書館2階閲覧室
  テーマ:“障がいって何だろう”

 
広島工業大学附属図書館では、平成29年度Hiroshima Active Library協働事業
(広島市域図書館 公共15館・大学17館協働)のイベント(テーマ:障害の理解)
に参加することになりました。
2017 Hiroshima Active Library協働事業ポスター

 

Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧いただくには、
アドビ システムズ社から無償提供されているAdobeR Reader TMプラグインが必要です。