瀋陽航空航天大学から4名の短期留学生が来日しました。

2018年4月12日 10:09

本学と学生交換に関する協定を締結している瀋陽航空航天大学(中国)から、4人の短期留学生がやってきました。

【4月2日(月)】来日

国際交流センターの職員と国際交流ボランティアの学生が広島空港へ迎えに行きました。留学生4人と無事対面した後に全員で記念撮影を行いました。

demukae.JPG
短期留学生と笑顔で初対面!

 

【4月6日(金)】開講式・歓迎会

デネブホール内で開講式を開催しました。

岩井副学長、留学生が所属するゼミ指導教員を含む本学教員及びゼミ学生、ボランティア学生が一堂に会しました。

開講式は岩井副学長の歓迎の挨拶で始まり「心から歓迎しております。ぜひ積極的に学び・楽しんで、有意義な留学生活を送ってください。」との言葉がありました。

続いて留学生それぞれから自己紹介がありました。

緊張した様子ながらも皆流暢な日本語で堂々と日本での抱負を述べてくれました。

kaikousiki 1.jpg
自己紹介をする短期留学生!

 

また、留学生が所属するゼミの紹介を行い、代表の学生が歓迎の挨拶を。

最後に全員で記念撮影をし、開講式は和やかな雰囲気で終了しました。

kaikousiki 2.jpg
開講式終了後に全員で記念写真!

 

その後、会場をリーフガーデンに移し引き続き歓迎会を執り行いました。

 歓迎会では、それぞれの留学生それぞれが所属するゼミ学生と、皆積極的に交流していました。

 kanngeikai.jpg
歓迎会での交流の様子!

 

会の終盤にはすっかり打ち解けた様子でした。

最後は王国際交流センター長から「日本から帰るときに寂しくなるほど、充実した留学生活を仲間と共におくってください。」との挨拶で会を締めくくりました。

これから日本で過ごす留学生にとっては心細い面もあったと思いますが、多くの心強い仲間と出会い、親睦を深める良い機会となったのではないでしょうか。

 

来年度からも留学生との交流はまだまだ続きます!国際交流センターでは、交流活動を支援してくれる国際交流ボランティアを募集中です。興味のある方は国際交流センターまでお越しください。

 

http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/volunteer/ (国際交流ボランティア)

 

 また、留学生の在籍大学である、中国の瀋陽航空航天大学への派遣留学もあります。

 こちらも興味のある方は、ぜひご応募ください。

 

 http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/abroad/shenyang/ (瀋陽航空航天大学派遣留学)

 

 皆さんの参加をお待ちしております!

 

【New!】 イリノイ大学派遣留学(アメリカ)体験談を更新しました!

2018年3月 7日 13:10

平成29年8月23日(水)から12月22日(金)の4か月間、本学協定校の一つ、アメリカのイリノイ大学で行われた派遣留学に、本学の工学系研究科環境学専攻2年、神垣潤くんが参加しました。

Illinois-Urbana-1024x557.jpg

アメリカの名門大学で専門科目を受講します。

今回は神垣くんが留学中に書いてくれた体験談をご紹介します。留学に興味のある方はぜひご覧ください。

 

<平成29年度イリノイ大学派遣留学体験談>

※タイトルをクリックすると体験談を読むことができます。

IMG_20311.JPG 

平成29年度イリノイ大学派遣留学体験談Vol.1 (神垣 潤くん/大学院 環境学専攻)

イリノイ大学派遣留学では、イリノイ大学が提供する学部及び大学院の専門科目を英語で履修します。履修科目は派遣学生の専門分野に合せて選択をすることができます*。留学期間は4か月または9か月です。4か月の場合は12単位、9か月の場合は24単位以上の科目を履修します。

* 科目によっては履修できない可能性もあります。 

派遣留学プログラムの概要や募集期間などについて詳しく知りたい方は、国際交流センター(Nexus21 4階)にお越しいただくか、こちらをご覧ください。皆さんのご参加をお待ちしております!

 

瀋陽航空航天大学(後期)短期留学生受入れプログラム終了〔2018.2.2(Fri),2.5(Mon)〕

2018年2月 7日 10:49

平成3022日(金)、瀋陽航空航天大学(後期)短期留学生の閉講式・送別会を開催しました。学長をはじめ、ホストファミリー、留学生が所属したゼミの教員、ゼミ生、国際交流ボランティアなどが参加し、盛況な式となりました。

平成29913日(水)に来日してから約5カ月間、広島工業大学での様々な活動をとおして、先生方や学生、ホストファミリーと交流をすることができました。大変なこともあったけれど、日本での生活はとても楽しく、この経験を将来に活かし、頑張っていきたい。と、4人の留学生全員が話していました。

syuuryou.jpg syukuji.jpg
修了証書授与 学長からの祝辞

 

daihyouaisatu.jpg IMG_2075.JPG
留学生代表挨拶 修了証書を手に集合写真

送別会では、留学生が所属したゼミからお別れの言葉をもらい、留学生からの出し物を披露しました。今年は、留学生と国際交流ボランティアとで、中国で流行している日本についてのダンスを披露しました。

zemi.jpg dasimono.jpg
留学生との思い出を話すゼミ生 留学生からのお礼の出し物

留学生は、平成3025日(月)に帰国しました。留学生は今回の留学を通じて母国でも将来に向かって頑張ってほしいと思います。

sikisi.jpg owakare.jpg
国際交流ボランティアからもらった色紙を手に ぎりぎりまで手を振ってお別れ

来年度からも留学生との交流はまだまだ続きます!国際交流センターでは、交流活動を支援してくれる国際交流ボランティアを募集中です。興味のある方は国際交流センターまでお越しください。

http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/volunteer/ (国際交流ボランティア)

また、留学生の在籍大学である、中国の瀋陽航空航天大学への派遣留学もあります。

こちらも興味のある方は、ぜひご応募ください。

http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/abroad/shenyang/ (瀋陽航空航天大学派遣留学)

皆さんの参加をお待ちしております!

瀋陽航空航天大学短期留学生交流行事 vol.3 〔2017.11.25(Sat)〕

2017年12月 8日 11:56

宮島見学

   《世界遺産の一つ厳島神社を訪れるとともに、宮島の魅力を体感する》

 2017年11月25日(土)に留学生は国際交流ボランティア(12人)とともに広島の世界遺産の一つである厳島神社を見学するために、宮島を訪れました。

今回の行事では、国際交流ボランティアの淺野 恵生さん(知的情報システム学科 1年)、和田 稀弥華さん、中原 海音さん、新庄 美月さん(ともに建築デザイン学科 1年)の4人がリーダーとなり、留学生が宮島の魅力を体感できるよう見学コースを考え、留学生を案内しました。

午前9時40分、宮島の桟橋に到着した留学生とボランティア学生は厳島神社へと向かいました。

IMG_1701.JPG IMG_1710.JPG

宮島の桟橋、大鳥居の前ではい、チーズ! 

厳島神社へ向かう途中、鳥居と狛犬の前に差し掛かったボランティア学生は、留学生が宮島についてより深く学べるよう、鳥居の役割や鳥居を通る時の作法、「阿吽の呼吸」の意味などを留学生に丁寧に説明しました。

IMG_1707.JPG IMG_1703.JPG

鳥居をくぐるときは、端を通りましょう

ボランティア学生の説明を真剣に聞く留学生

午前10時15分、厳島神社の前に到着!

厳島神社の名前の由来や、手水・参拝をする際の作法について、ボランティア学生から教わりつつ、厳島神社内を見学しました。留学生の金 涵池(キン カンチ)さんは「前に、奈良に観光に行った際も神社を訪れましたが、一人だったため、色々なことが分かりませんでした。今回はボランティアの皆さんのおかげで、神社や鳥居について知ることができました。」と話してくれました。

IMG_1722.JPG  IMG_1719.JPG

厳島神社を見学する留学生とボランティア学生

おみくじにも挑戦!

午前10時45分、厳島神社の見学を終えた留学生とボランティア学生は、瀬戸内海の海の生き物について学ぶべく、「宮島水族館」を訪れました。

留学生とボランティア学生は約1時間、水族館の中を見学しました。

IMG_1733.JPG IMG_1745.JPG

たくさんの海の生き物について学びました

「とても楽しかったです!」と留学生

宮島水族館の展示の中でも特に留学生が驚いていたのは、人間の古い角質を食べ、手足をきれいにしてくれることで有名な「ドクターフィッシュ」の体験コーナーでした。

IMG_1741.JPG IMG_1742.JPG

ボランティア学生と留学生もドクターフィッシュに挑戦!

午後14時00分、商店街で昼食を済ませた後、留学生とボランティア学生は、宮島の銘菓である「もみじ饅頭」の手作り体験に参加するために、宮島伝統産業会館へ向かいました。

 宮島伝統産業会館では、あんことチョコレート味のもみじ饅頭作りを体験することができます。留学生の朱 禹婷(シュ ウテイ)さんは「スタッフの方の作り方を見るよりも、自分で作る方が難しかったです」と話していました。

IMG_1753.JPG IMG_1757.JPG
宮島伝統産業会館では自分で作った焼きたてのもみじ饅頭をその場で食べることができます。

午後17時00分、全ての見学を終えた留学生とボランティア学生はフェリーで宮島口駅へと戻りました。

今回の宮島見学を通して、留学生とボランティア学生は宮島の魅力を体感するとともに、より一層、交流を深めることができました。

留学生との交流はまだまだ続きます!国際交流センターでは、交流活動を支援してくれる学生ボランティアを募集中です。興味のある方は国際交流センターまでお越しください。

http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/volunteer/ (国際交流ボランティア)

また、留学生の出身校である、中国の瀋陽航空航天大学への派遣留学もあります。こちらも興味のある方は、ぜひご応募ください。

http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/abroad/shenyang/ (瀋陽航空航天大学派遣留学)

皆さんの参加をお待ちしております!

 

【New!】瀋陽航空航天大学派遣留学(中国)体験談を更新しました!

2017年11月 7日 13:56

平成29年8月17日(木)から9月17日(日)の31日間、本学協定校の一つ、中国の瀋陽航空航天大学で行われた派遣留学に、本学の知能機械工学科2年、横田晃輔くんが参加しました。

shinyo.jpg

日本人学生の少ない大学で中国語・中国文化を集中的に学びます

今回は横田くんが留学中に書いてくれた体験談をご紹介します。異文化や留学に興味のある方はぜひご覧ください!

 

<平成29年度瀋陽航空航天大学派遣留学体験談>

※タイトルをクリックすると体験談を読むことができます。

yokota.jpg 平成29年度中国留学体験談Vol.1 (横田 晃輔くん/知能機械工学科)

 

瀋陽航空航天大学派遣留学には中国の言語と文化を学ぶプログラムA(約1か月)と中国語を用いて専門分野を学ぶプログラムB(2~3か月)の2種類があります。

留学プログラムの概要や募集期間などについて詳しく知りたい方は、国際交流センター(Nexus21 4階)にお越しいただくか、こちらをご覧ください。皆さんのご参加をお待ちしております!

 

【New!】 トリニティ・ウエスタン大学派遣留学(カナダ)体験談を更新しました!

2017年11月 7日 10:24

平成29年9月1日(金)から9月17日(日)の17日間、本学協定校の一つ、カナダのトリニティ・ウエスタン大学で派遣留学及び語学研修が行われました。平成29年度は4人の学生が派遣留学に、12人の学生が英語短期研修に参加しました。

unspecified2.jpg

研修先は世界で最も住みやすいと称されるカナダのバンクーバー郊外

今回はその中から、本学の代表として派遣留学に参加した4人の体験談をご紹介します。留学先の様子や留学をとおして得た学びなどについて知ることができますので、海外に興味のある方や、これから留学に挑戦してみたい方はぜひご覧ください!

 

<平成29年度トリニティ・ウエスタン大学派遣留学体験談>

※タイトルをクリックすると体験談を読むことができます。

hashimoto.jpg 平成29年度カナダ留学体験談Vol.1 (橋本 幸輝くん/電気電子工学専攻)

yamamoto.jpg 平成29年度カナダ留学体験談Vol.2 (山本 敬太郎くん/建築工学科)

tanaka.jpg 平成29年度カナダ留学体験談Vol.3 (田中 恒輝くん/建築デザイン学科)

yamashita.jpg 平成29年度カナダ留学体験談Vol.4 (山下 航平くん/建築デザイン学科)

 

トリニティ・ウエスタン大学派遣留学及び英語短期研修は毎年9月に実施されます。派遣留学と英語短期研修のプログラム内容は同じですが、学内選考の結果、派遣留学生として選ばれた方は、留学費用の一部が免除されます。

留学プログラムの概要や募集期間などについて詳しく知りたい方は、国際交流センター(Nexus21 4階)にお越しいただくか、こちらをご覧ください。皆さんのご参加をお待ちしております!

 

瀋陽航空航天大学短期留学生交流行事 vol.2 〔2017.10.24(Tue)〕

2017年11月 2日 10:02

企業見学(株式会社晃祐堂・筆の里工房)

 《広島の伝統工芸に触れ、日本の「ものづくり」の技術と歴史を学ぶ。》

12時30分に本学を出発!

留学生は国際交流ボランティアの学生たち(3人)と一緒に広島の伝統工芸について学ぶべく、『株式会社晃祐堂』と『筆の里工房』を見学しました。          

まずは、『株式会社晃祐堂 化粧筆工房』を見学し、化粧筆作り体験をとおして日本の「ものづくり」を体感しました。

 IMG_1539.JPG  IMG_1540.JPG

真剣な表情で化粧筆をつくる留学生

 IMG_1547.JPG  IMG_1551.JPG
 国際交流ボランティアも化粧筆作りに挑戦!  熊野筆の製造方法を学びました
 
 
株式会社晃祐堂では花形やハート形の熊野筆が製造されており、その見た目の可愛らしさに留学生も興味深々の様子でした。
 
 IMG_1554.JPG

すてきな化粧筆ができました!

 
つぎに、『筆の里工房』を見学し、熊野筆の歴史について学びました。
 
 P6085156.JPG IMG_1568.JPG

世界一大きい筆に留学生もびっくり!

熊野筆と日本の伝統工芸について学ぶ留学生

 
また、同時期に筆の里工房で行われていた『スタジオジブリ鈴木敏夫の言葉の魔法展』も併せて見学!スタジオジブリ映画『千と千尋の神隠し』に出てきたお湯屋の模型を見た留学生と国際交流ボランティアの学生たちは、その見事さに感動していました。
 
IMG_1564.JPG

ジブリの模型の前でピース!

留学生との交流はまだまだ続きます!国際交流センターでは、交流活動を支援してくれる学生ボランティアを募集中です。興味のある方は国際交流センターまでお越しください!

http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/volunteer/

 

瀋陽航空航天大学短期留学生交流行事 vol.1 〔2017.9.30(Sat)〕

2017年10月25日 10:49

 

広島市内見学(原爆ドーム・平和記念資料館)《広島の歴史に触れ、平和についての意識を高める。》

9:30 広島平和記念資料館(東館)前に集合‼ 

4人の留学生は、国際交流ボランティアの学生たち(10人)と平和公園内の施設などを見学しながら、平和学習をしました。

まずは、『広島平和記念資料館』 原子爆弾投下状況の模型から写真・原子爆弾についての解説・

被爆展示物等に驚きと強い衝撃を受けていました。
 
CIMG0039.JPG CIMG0045.JPG

原子爆弾投下の様子

原子爆弾投下後の市内上空からの写真

CIMG0055.JPG CIMG0059.JPG
CIMG0054.JPG CIMG0058.JPG

原子爆弾について(仕組み・威力・被害等)の映像と解説文を食い入るように見ていた。

 
CIMG0075.JPG

原子爆弾投下時間8:15で止まった時計

 

『広島平和記念資料館』でたくさん学習した後は、広島平和記念公園で慰霊碑などを見学しました‼ 

CIMG0081.JPG CIMG0082.JPG
オバマ大統領が献花された 慰霊碑

平和の灯(平和の願いが灯り続ける)

IMG_3939.JPG  CIMG0094.JPG

原爆の子の像前で入念に学習

爆心地(島外科)上空何メートルで爆発?

CIMG0091.JPG IMG_3957.JPG

元安橋から見た原爆ドーム

元安橋から原爆ドームを望む

CIMG0097.JPG  IMG_3977.JPG

最後の学習の場(原爆ドーム)

原爆ドーム前の集合写真(お疲れさま)

 

2時間30分で駆け足気味に平和学習を行いました。ボランティア学生・短期留学生の皆さんは最後まで、熱心に取組み充実した体験になりました。中国に帰ったら平和の大切さを多くの人に伝えてください‼

国際交流センターでは、交流活動を支援してくれる学生ボランティアを募集しています。興味のある方は国際交流センターまで。

http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/volunteer/

 

瀋陽航空航天大学から4名の短期留学生が来ています!

2017年10月20日 16:56

9月13日(水)に本学と学生交換に関する協定を締結している瀋陽航空航天大学(中国)から、4名の新しい短期留学生がやって来ました。 

IMG_1348.JPG IMG_1402.JPG
広島空港で 開講式・歓迎会 開催

短期留学生は日本語の勉強だけでなく、本学で実施する文化学習への参加を通じて本学学生との交流を深めています。

交流行事として毎週火曜日13:30からNexus21 2階のリーフガーデンで茶話会を開催しています。短期留学生と交流してみたい!という方は、ぜひ参加してください。

IMG_1477.JPG IMG_1471.JPG
日本の遊び(かるた)をしました!

 

瀋陽航空航天大学から4名の短期留学生が来日しました!

2016年9月27日 09:34

本学と学生交換に関する協定を締結している瀋陽航空航天大学(中国)から、新たに4名の短期留学生(以下、「留学生」という)が来日しました!

【9月14日(水)】来日

本学学生ボランティアが広島空港まで出迎えに行きました。留学生は一人ずつ入国審査所から出てくると、学生ボランティアが掲げた「瀋陽航空航天大学の皆さん広島へようこそ!」の看板を見つけ、ほっとした表情を浮かべていました。そして学生ボランティアとお互い笑顔で自己紹介をしました。

その後、留学生が入居する留学生会館へ移動しました。最初は少し緊張した様子の留学生でしたが、移動中、学生ボランティアと日本語で話しをするうちに打ち解けていったようです。

留学生会館に到着後は、学生ボランティアが入居の手伝いや部屋の設備の使い方などを留学生に説明しました。

P9146189-1.jpg
広島空港で初めまして!

 

【9月15日(木)】学校案内

留学生が本学に初登校しました!まず初めに、これから5か月間かかわる本学職員に日本語で「私たちは瀋陽航空航天大学から来ました。どうぞよろしくお願いします。」と大きな声で挨拶をしました。

そしてその後は、学生ボランティアと一緒に学内の施設を見学しました。初めて訪れる日本の大学に留学生は興味津々です。留学生は教室、図書館、保健室、食堂などの施設をめぐって、学生ボランティアの説明に熱心に耳を傾けていました。

P9166226.JPG P1.JPG
本学職員に挨拶をする留学生 学生ボランティアの説明を熱心に聞く留学生

 

【9月20日(火)】開講式・歓迎会

 鶴学長を始め、留学生が所属するゼミの指導教員およびゼミ生、学生ボランティア、本学教職員の総勢50名が集いました。

 まず、鶴学長からの歓迎の挨拶がありました。留学生、本学学生ともに高い目標を持ち、日々努力をしてほしいとのお話がありました。

続いて、留学生の日本語による自己紹介です。緊張しつつも、しっかりと挨拶をしてくれました。「日本語をしっかりと勉強し、流暢な日本語が話せるようになりたい」と、大いに今後の日本語学習への意欲を語ってくれました。

 P0928.jpg P9206244.JPG
留学生自己紹介 全員で記念撮影

歓迎会では、学生ボランティアが司会を務め、終始、和やかな雰囲気で交流をしました。留学生が所属するゼミの紹介もあり、それぞれのゼミが「これから宜しくお願いします!」と留学生を温かく迎えてくれました。留学生もこれから始まる本学での生活に胸を膨らませているようです。

 最後に王国際交流センター長の挨拶がありました。留学生活では中国とは異なった文化や習慣に触れることが多くあると思いますが、何事も学び、自身の糧にしてほしいとのお話がありました。

P9206249.JPG P9206258.JPG
先生、ゼミ生との交流会 一緒にゼミ活動をがんばりましょう!

これから5か月間、どんな留学生活になるのか楽しみですね!

留学生は後期の期間中、本学で一緒に勉強をします。

毎週火曜日の午後13時半から、本学三宅の森Nexus21の2階リーフガーデンにて「茶話会」と呼んでいる留学生との交流会を行っています。お茶を飲みながら、互いの文化についての話や、日本語の勉強をします。留学生と交流してみたい!という方は、ぜひご参加ください!

一緒に留学生との交流を楽しみましょう!

 

<< 2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ