カザフスタン-第11回国際交流の夕べ-を開催しました。

2011年1月21日 10:37

2011年1月20日(木)に、現在山陽女学園の留学生であるヌルダナさんがカザフスタンの魅力を教えてくれました。山陽女学園の留学生をお呼びするのは前回(第10回)に引き続き2回目で、前回会った本学の学生たちと仲良くなっていました。昨年の平和弁論大会で優勝しただけあり、日本語がとても上手です。同じく山陽女学園の留学生であるノルウェー出身のヨハンネさんも応援に来てくれました。

20110120_KA3.JPG 20110120_KA2.JPG
ヌルダナさんとカザフスタンの国旗 ヨハンネさんも来てくれました!

カザフスタンは中国・モンゴル・ロシアの隣にあり(中央アジア)、世界で9番目に大きい国です。言語はカザフ語ですが、ロシア語も公用語として使われているそうです。実際に少しカザフ語を教えてもらい、みんなで口に出してみました。ロシア語っぽいところがあり、とてもかっこいいと思いました。

・こんにちは・・・サレメツィズベ(Salemetsizbe)
・ありがとう・・・ラフメト(Rahmet)
・さようなら・・・サウ ボルヌズ(Sau bolynyz)
・私はあなたが好き・・・メン セニ ジャクス コレミン(Men seny jaksy koremin)

食文化の紹介では、主食はパンだそうで、スライドでいろいろな肉料理や揚げ物の写真を見ました。バウルサックという丸い揚げパンはとてもおいしくて人気だそうです。馬またはラクダのミルクとお酒を混ぜたクムスという飲み物も有名です。

20110120_KA5.JPG 20110120_KA6.JPG
料理がとてもおいしそうでした。 カザフ族の移動式住居の模型

ヌルダナさんが生まれたセミパラチンスクでは、1949年から40年にわたり、核実験が450回以上も行われました。多くの人が被爆し、今も後遺症に苦しんでいます。ヌルダナさんは核実験の映像を紹介し、核実験反対運動の中で生まれた「ザマナイ=時代よ」という歌を聞かせてくれました。被爆者の怒りと悲しみを痛感し、核実験を繰り返さないためにも、そういう歴史があることを忘れてはいけないと、再認識しました。
ヌルダナさんは「ヒロシマ・セミパラチンスク・プロジェクト(ヒロセミ)」の一員として、平和の大切さと核実験の恐ろしさを伝えに広島へやってきました。ヒロセミとは、広島市民が核兵器廃絶と世界平和を願って、セミパラチンスクの被曝者への支援を目的としたNGOです。HPで活動内容や様子を見ることができます。

ヒロシマ・セミパラチンスク・プロジェクト

続いて、現在カザフスタンの首都であるアスタナと、最大の都市であるアルマトイの紹介では、どちらの都市も高層ビルが並び、近代的な建築物や豪華なホテルがたくさんありました。あまりにも華やかで、びっくりしました。

最後に、民族舞踊を披露してくれました。「小鳥」という曲で、明るく、軽やかにステップするヌルダナさんはすごくかわいかったです!素敵なダンスで、会場は一気に笑顔で包まれました。

20110120_KA7.JPG 20110120_KA8.JPG
カザフスタンの民族舞踊を披露 みなさんありがとうございました!

今回もよく準備してくれた山陽女学園の留学生のみなさんに感謝しています。
4月にはヨハンネさんが発表をしてくれます。ぜひ参加してください!!

<< 2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

カザフスタン-第11回国際交流の夕べ-を開催しました。