広島工業大学 女子学生キャリアデザインセンター

技術者をめざす女子学生を全面サポートする

  1. トップ>
  2. Information>
  3. 出張理科実験で小学生に理科の楽しさを伝えてきました!

Information

お知らせ出張理科実験で小学生に理科の楽しさを伝えてきました!

「子どもの理科離れ」が社会問題として叫ばれる中、「子どもたちに理科の楽しさを伝えたい」そんな思いから、JCD幹事団は小学生を対象に「出張理科実験」を行っています。1・2年生が中心となってチームを結成し、不思議で楽しい理科の魅力を、子どもたちにもわかりやすく実験を通して解説します。

本年度6回目の出張理科実験を、1月19日(土)に広島県安芸郡海田町の「海田町放課後子ども教室」で行いました。この日のテーマは「のぞいてびっくり 万華鏡のふしぎはっけん」。みんなで万華鏡づくりにチャレンジしながら、光の反射の原理について、楽しく勉強することができました!
 

 _MG_4081-5.JPG
会場となった海田町福祉センター。 

 _MG_4411-26.JPG 
万華鏡の筒は、使いきったラップの芯などを利用します。 

 _MG_4420-35.JPG
「この右手に持っているものは何でしょうか?」クイズ形式にすることで、楽しみながら少しずつ理科の知識が身についていきます。

鏡の代わりのプラスチック板を三角柱になるように折り、筒の中に入れます。学生のサポートもあって、全員上手に作ることができました。ここで、進行役の学生が取り出したのが1本のガラスの筒。透明な液体の中を、色とりどりのビーズがゆっくり落ちていきます。「これは何だと思う?」「糊かなあ」「砂糖水?」「もしかしてコーンポタージュ?(笑)」突然のクイズに子どもたちも大盛り上がり。「正解はグリセリンという液体です。消毒液にも使われているんだよ」

このビーズ入りグリセリンを、先ほど作った筒でのぞいてみると・・・。目の前に花火のようなカラフルな色の世界が広がりました!子どもたちは万華鏡の世界にすっかり魅了されたようで、グリセリンの向きを変えて何度も覗いていました。

 _MG_4442-57.JPG
きれいに見えるかな?  

 _MG_4511-120.JPG
万華鏡の中はこんな感じ。「お花みたいだね」「宇宙の星にも見えるよ」子どもたちの想像力が膨らんでいきます。

 _MG_4535-141.JPG
「万華鏡はどこの国で作られたか知ってる人は手を挙げて」答えはイギリスでした。

 _MG_4537-143.JPG
合わせ鏡の間に物を置くとたくさん映って見えるよね。これは光が反射するからなんだよ。

最後は筒に絵を描いて「自分だけの万華鏡」を作りました。全員が「楽しかった!」と思える理科実験になりました。

今回の出張理科実験のリーダー山本梨奈さん(工学部建築工学科・1年)は「学校の授業とはまた違った理科実験の楽しさを知ってもらいたいというのが大きな目的です。万華鏡を通じて光の反射という現象に少しでも興味を持ってもらえたらうれしいですね」説明だけではわかりにくいところは、子どもたちに集まってもらって目の前で説明したり、クイズを行ったりして興味を持てるように工夫しています「みんなでアイデアを出し合って、少しずつ内容を改善しています。協力して企画を成功させるやりがいも感じています」

_MG_4604-205.JPG
カラフルな自分だけの万華鏡が完成!

 9.JPG
「今年度は実験を複数用意し、選んでもらっています」と山本さん。

10.JPG
今回の出張理科実験も大成功!みんなで最後に記念撮影。

 

PAGE TOP