広島工業大学 女子学生キャリアデザインセンター

技術者をめざす女子学生を全面サポートする

  1. トップ>
  2. Information>
  3. 大人の女性としての身だしなみを学ぼう! スーツの着こなし講座を開催しました。

Information

イベント大人の女性としての身だしなみを学ぼう! スーツの着こなし講座を開催しました。

JCDセンター(女子学生キャリアデザインセンター)は、就職活動を控えた女子学生を対象とした「キャリアアシストプログラム」を開講しています。そのプログラムの一環として、12月9日、3年生の女子学生を対象にしたリクルートスーツの着こなし講座を開催し、34名の女子学生が参加しました。3年生の就職活動は、2015年3月から企業側の広報活動が始まるため、そこから企業説明会に参加する機会が増えてきます。そこで大切になるのが「身だしなみ」。講師に(株)オンワード樫山の山本千晶さんを迎え、販売員をされている森川瞳さんをモデル役に、実際のリクルートスーツ姿を見て学ぶというスタイルで、講義は始まりました。

講師は、(株)オンワード樫山広島支店販売第三部営業二課の山本千晶さん。「リクルートスーツは、『清潔感』、『健康的』をキーワードに選んでください」

講師は、(株)オンワード樫山広島支店販売第三部営業二課の山本千晶さん。「リクルートスーツは、『清潔感』、『健康的』をキーワードに選んでください」

モデル役の森川瞳さんが、サイズが大きいスーツとぴったりのスーツを着比べ、その見え方の違いを解説しました。

モデル役の森川瞳さんが、サイズが大きいスーツとぴったりのスーツを着比べ、その見え方の違いを解説しました。

特に強調されたのは“サイズ感”についてです。学生によっては体に合っていないリクルートスーツを着ているケースもあります。肩幅に合わせて選び、袖丈を直すことも大切です。また、髪は、後ろで結ぶことで、顔の表情が明るく、すっきりした印象になります。
スーツの袖は、男性の場合はワイシャツの袖が少し見える位が自然だそうですが「女性はブラウスが見えない方がいいですね」と山本さん。さらに「スカートの丈は、膝が半分以上隠れるものを」「スカートの丈が広がりすぎているものはNGです」「スリットが広がりすぎないものを」「サイズは座ったときに窮屈感がないものを」と、プロからの貴重なアドバイスをたくさんいただきました。
リクルート用のカバンは「床置きした場合にパタンと倒れてしまい、あわてて起こすということがないよう、底がしっかりとしたものを選んでください」と山本さん。ストッキングが伝線した場合でも「“まあいいや”と放っておかず、必ず取り替えて面接に臨むようにしてください。こうした小さなことに妥協し続けると、面接の場面でも“まあいいか”という気持ちにつながってしまいます」服装の乱れと気持ちの乱れはつながっていることがわかりました。

理想的なスカートの丈の長さを、面接を想定して指導。

理想的なスカートの丈の長さを、面接を想定して指導。

講義終了後の質問タイムでは、次々と質問が飛び出します。

講義終了後の質問タイムでは、次々と質問が飛び出します。

講義後の質問タイムでは、驚くほどたくさんの質問が飛び交いました。

  • Q「ブラウスはスキッパーカラーを着ているのですが、どれくらい襟を出したらいいですか?」
    A「襟を実際の折り目より少し短めに折って、スーツの襟にかぶせるように出すことで、上品ですっきりと見えます」
  • Q「コート選びのポイントを教えてください」
    A「コートに"着られている感"がない大きさがいいと思います。肩幅や袖丈に合わせたりしますが、販売スタッフに相談してみてください」
  • Q「ブラウスは、フリルなどがあってもいいですか?」
    A「業界によって変わってくると思いますが、フリルなどの少ない、万人受けするものが最近の主流ですね」

次々に質問が飛び出し、時間いっぱいまで答えていただきました。

スキッパーカラーのブラウスの襟は、スーツの上にどの程度出したらいいのか、山本さんから直接指導を受けました。

スキッパーカラーのブラウスの襟は、スーツの上にどの程度出したらいいのか、山本さんから直接指導を受けました。

コートの選び方のポイントも、サンプルを出して説明。

コートの選び方のポイントも、サンプルを出して説明。

西めぐみさん(生命学部食品生命科学科・3年)「スーツの着こなし方で印象が変わるという話が参考になりました。面接ではしっかり自分の意思が伝えられるよう、身だしなみを整えて、アピールしたいと思います」

西めぐみさん(生命学部食品生命科学科・3年)
「スーツの着こなし方で印象が変わるという話が参考になりました。面接ではしっかり自分の意思が伝えられるよう、身だしなみを整えて、アピールしたいと思います」

米田有沙さん(環境学部地球環境学科・3年)「私は姿勢が前かがみになりがちなので、日頃から意識して直したいと思います」

米田有沙さん(環境学部地球環境学科・3年)
「私は姿勢が前かがみになりがちなので、日頃から意識して直したいと思います」

「たくさんの質問をいただき感激しています。就職活動に向け、みなさんの意識の高まりを感じました」と講師の山本さん。

「たくさんの質問をいただき感激しています。就職活動に向け、みなさんの意識の高まりを感じました」と講師の山本さん。

3月の就職活動開始に向けて、しっかり準備を積むことができた講義となりました。(株)オンワード樫山の山本さん、森川さん、ありがとうございました。

PAGE TOP