広島工業大学 女子学生キャリアデザインセンター

技術者をめざす女子学生を全面サポートする

  1. トップ>
  2. Information>
  3. 企業側の視点を知って就活に活かそう! JCDキャリアアシストプログラム講演会「人事担当者の視点」を開催しました。

Information

イベント企業側の視点を知って就活に活かそう! JCDキャリアアシストプログラム講演会「人事担当者の視点」を開催しました。

就職活動を始めた学生にとって気になるのは、企業側の視点です。人事担当者が採用活動において何をポイントとして見ているのか、それを知ることができれば、自分自身の目指す方向性や意識も変わってくるはずです。
1月13日、企業の人事担当者をお招きし、講演会を開催しました。講師は、阪急阪神ビルマネジメント株式会社人事総務部の和田野麻衣様。和田野様は入社以来、一貫して人事関連業務に携わってこられました。企業は学生のどんなところを見ているのか、「ありのままの就職活動」を教えていただきました。

「貴重な機会ですので、ぜひ新しい発見を持ち帰ってください」と角川JCDセンター長があいさつ。

「貴重な機会ですので、ぜひ新しい発見を持ち帰ってください」と角川JCDセンター長があいさつ。

和田野様は入社4年目。新卒採用を中心に、幅広く人事関連のお仕事を経験されてきました。

和田野様は入社4年目。新卒採用を中心に、幅広く人事関連のお仕事を経験されてきました。

阪急阪神ビルマネジメント株式会社の会社紹介に続き、人事担当者が見る採用のポイントについて教えていただきました。
協調性、柔軟性、コミュニケーション能力、主体性、ビジネスマナーなど人事担当者が学生を見るポイントは多岐にわたります。「どこを意識したらいいのかわからない」という学生に向けて、ポイントを3つに整理していただきました。

1 自分を理解する
自己分析をすること、そしてそれを「自分自身の言葉で伝えること」が大切です。面接の場は、企業と学生がコミュニケーションを図る場です。よくある定型文で答えるのではなく、相手に伝わっているかどうかを確認しながら話を進めていく必要があります。

2 そこで働くイメージを膨らませる
志望する企業で自分が何をしたいのか、自分の長所をどう活かせるのか、イメージをしっかり持ち、それを伝えることで、企業の採用担当者にもよい印象を与えることができます。

3 印象を大切にする
自然な笑顔や元気な様子など、はつらつなイメージを与えることも重要です。学生には職場を盛り上げるようなバイタリティを求めています。また、受付や待合室など面接会場以外での振る舞いも企業は見ているので、日ごろからの心がけが大切です。

「就職は人生の大きな分岐点。よく考え、納得して進路を決めましょう」と和田野様。

「就職は人生の大きな分岐点。よく考え、納得して進路を決めましょう」と和田野様。

目の前に迫った就職活動に向け、真剣に話を聞きます。

目の前に迫った就職活動に向け、真剣に話を聞きます。

質疑応答の時間では、同じ女性の視点から、また、ご自身の就職活動の経験からお答えいただきました。

質疑応答の時間では、同じ女性の視点から、また、ご自身の就職活動の経験からお答えいただきました。

講演後、個別に質問する学生が列をなしていました。

講演後、個別に質問する学生が列をなしていました。

あらためて和田野様にお話を伺いました。
企業は自分自身の長所短所を理解し、それを伝える力を持った学生を求めています。当社の事業は、いろいろな方と協力しながら仕事を進めていくので、きちんとコミュニケーションを取れる力も必要です。印象が大事と話しましたが、学生さんが思うほど企業は見た目を気にしていません。最低限の清潔感があれば大丈夫。何を言うのか、人間性はどうなのかを見ています

さらに、講演を聞いた野島真梨子さん(生命学部食品生命科学科・3年)に話を聞きました。
企業を研究していない学生は、それが伝わるという話にドキッとしました。今は不安が多いですが、何かしなければという気持ちが強いので、こうしたセミナーや説明会に参加しています。今日は、企業側の視点を知ることができ、とても勉強になりました

「面接では、自分らしさを出してほしいですね。最近の女子学生は優秀な方が多いので期待しています」と和田野様。

「面接では、自分らしさを出してほしいですね。最近の女子学生は優秀な方が多いので期待しています」と和田野様。

「学科ではバイオ関係の勉強をしているので、環境保全にかかわるような企業や公務員を目指しています。E.S.S.サークルにも所属しているので、その強みも活かしていきたいです」と野島さん。

「学科ではバイオ関係の勉強をしているので、環境保全にかかわるような企業や公務員を目指しています。E.S.S.サークルにも所属しているので、その強みも活かしていきたいです」
と野島さん。

就職活動に関する情報があふれる中、和田野様には企業側の視点で選考時のポイントをお話していただき、学生はおおいに参考になったのではないでしょうか。
和田野様、お忙しい中ご講演いただき、ありがとうございました。

PAGE TOP