広島工業大学 女子学生キャリアデザインセンター

技術者をめざす女子学生を全面サポートする

  1. トップ>
  2. Information>
  3. みんなで作り上げたこだわりの部屋がついに完成!第3弾こだわりルームプロジェクト内覧会を行いました!

Information

イベントみんなで作り上げたこだわりの部屋がついに完成!第3弾こだわりルームプロジェクト内覧会を行いました!

学生が住みたい家を自分でデザインし、施工作業までを行う「こだわりルームプロジェクト」。島根不動産(株)と広島工業大学女子学生キャリアデザインセンターのコラボレーション企画として2011年度から継続的に実施しているプロジェクトです。昨年7月にスタートした第3弾は、キックオフミーティング、物件見学、インテリアコーディネーター・カラーコーディネーターによる特別講義、そしてプレゼンテーションを経て、12月にリフォーム案として採用されるデザインが決定しました。その名も「大人プラン」。壁紙や照明にこだわった、おしゃれにこだわりのある男子学生をターゲットにしたプランです。今回、その部屋のリフォームが完成したということで、内覧会が行われました。

リフォーム部屋があるマンションは、広島電鉄楽々園駅から徒歩3分。本学にも近く便利です。

リフォーム部屋があるマンションは、広島電鉄楽々園駅から徒歩3分。本学にも近く便利です。

コンクリート風の壁紙とレンガ風の壁紙が、シックで落ちついた雰囲気を演出します。

コンクリート風の壁紙とレンガ風の壁紙が、シックで落ちついた雰囲気を演出します。

今回は、第3弾ということもあり、施工作業の大部分を学生が手伝いました。「1日あたり7~8人の学生さんに、床貼りや壁紙貼りを手伝ってもらいました。上手にできたと思います」とプロジェクトを担当された島根不動産(株)の賃貸管理兼リフォームグループリーダーの上原修さん。ウッドワックスを塗った床板を部屋に搬入し、一枚ずつ丁寧に敷き詰めていきました。部屋を広く使うためクローゼットを取り払い、その代わりにハンガーラックを設置。実は、このハンガーラックも女子学生の手づくりです。照明やキッチンなども自分たちで選びました。

照明は照らす方向を自由に変えられる可動式を採用。電球の色にもこだわっています。

照明は照らす方向を自由に変えられる可動式を採用。電球の色にもこだわっています。

リフォーム作業を行った環境デザイン学科2年の岡田直果さん(右)と建築工学科2年の伊丹芙美香さん(左)。「イメージに近いものができました」と岡田さん。

リフォーム作業を行った環境デザイン学科2年の岡田直果さん(右)と建築工学科2年の伊丹芙美香さん(左)。「イメージに近いものができました」と岡田さん。

スタイリッシュなキッチンにはIHクッキングヒーターがあります。

スタイリッシュなキッチンにはIHクッキングヒーターがあります。

壁には、雑誌や本を立て掛けるアルミ製のブックシェルフを設置。

壁には、雑誌や本を立て掛けるアルミ製のブックシェルフを設置。

プロジェクトには建築を専攻している学生も多く、施工作業がどのように進められていくのかを身をもって知ることができたようです。また、施工作業に関わった学生が声をそろえて「納得するものができた」というほど、完成度の高い部屋が誕生しました。

一番苦労したのは床板貼り。のこぎりでサイズを合わせてすき間の無いように仕上げました。

一番苦労したのは床板貼り。のこぎりでサイズを合わせてすき間の無いように仕上げました。

実は、この春本学へ入学する男子学生の入居が決定しています!この部屋でどのような生活を送るのか、今から楽しみです。

実は、この春本学へ入学する男子学生の入居が決定しています!この部屋でどのような生活を送るのか、今から楽しみです。

島根不動産(株)とともに進めている「こだわりルームプロジェクト」。第4弾の実施も決定しました。興味のある女子学生の皆さん、ぜひ参加してみてください。

PAGE TOP