広島工業大学 女子学生キャリアデザインセンター

技術者をめざす女子学生を全面サポートする

  1. トップ>
  2. Information>
  3. 社会人に必要なマナーを身に付けよう!「メイクアップ&ビジネスマナー講座」を開催しました。

Information

イベント社会人に必要なマナーを身に付けよう!「メイクアップ&ビジネスマナー講座」を開催しました。

JCDセンター(女子学生キャリアデザインセンター)では、就職活動を控えた女子学生を対象とした「キャリアアシストプログラム」を開講しています。そのプログラムの一環として、2月16日、3年生の女子学生を対象に「メイクアップ&ビジネスマナー講座」を開催しました。就職活動では、身だしなみ、表情、姿勢といった見た目から受ける印象も、企業が採用を判断する重要な要素となります。第一印象で相手に良い印象を与えるにはどうすればいいの?そんな女子学生の不安を解消し、自信を持って就職活動に臨めるよう、講師の先生から丁寧にご指導いただきました。

第一部は「メイクアップ講座」。
資生堂販売(株)中四国支社広島支店ビューティーコンサルタントの助守田佳美さんと科野由美子さんを講師に迎え、清潔感や知性、意欲が伝わる「就活メイク」をレクチャーしていただきました。
社会人としてふさわしい好感度の高いメイクは、『70%』のメイクです」と講師の助守田さん。100%のメイクは派手な印象を与え、0%のメイク(ノーメイク)は疲れて元気がない印象になってしまいます。そこで今回は、清潔感があって優しい印象を与える70%のメイクの方法とテクニックについて、実践を交えて学びました。

まずは講師・助守田さんが、メイクの与える印象について解説。

まずは講師・助守田さんが、メイクの与える印象について解説。

いよいよメイクアップを体験。講師・科野さんが学生の肌で実演しながらメイクアップのポイントを解説。そのテクニックを目に焼き付けます。

いよいよメイクアップを体験。
講師・科野さんが学生の肌で実演しながらメイクアップのポイントを解説。そのテクニックを目に焼き付けます。

就活メイクが完成!知性を感じる、優しくイキイキとした表情で印象アップ!「就活メイク、がんばって練習します」歌田さん(左)と山本さん(右)。

就活メイクが完成!知性を感じる、優しくイキイキとした表情で印象アップ!
「就活メイク、がんばって練習します」歌田さん(左)と山本さん(右)。

就活メイクで記念撮影。

就活メイクで記念撮影。

山本美帆さん(環境学部環境デザイン学科・3年)に感想を聞きました。
普段の自分より、目力がアップしたかなと思います。ファンデーションの塗り方にも、薄く塗るところとしっかり塗るところがあるなど、メイクの過程でさまざまなテクニックがあることを初めて知り、とても参考になりました。これからも今日と同じように上手くメイクできるかどうか少し心配ですが、このメイクを常に再現できるように、がんばって練習しようと思います
歌田知紗さん(生命学部食品生命科学科・3年)も感想を聞かせてくれました。
普段は自分流でメイクしていましたが、この講座で、他人からどう見えているのかということも考えなくてはならないことを教わり、これからは他人に与える印象を意識しながらメイクしようと思いました

第二部は「ビジネスマナー講座」です。
講師はオフィスDo&Beの吉田奈緒美さん。就職活動の心構えをはじめ、あいさつ、おじぎ、身だしなみ、言葉づかいなど、自信を持って就職活動を行うために身に付けたいマナーをレクチャーしていただきました。

おじぎの練習。背筋と首筋を伸ばしたまま一呼吸おくのがポイント。

おじぎの練習。背筋と首筋を伸ばしたまま一呼吸おくのがポイント。

新藤麻厘さん(生命学部食品生命科学科・3年)が面接のロールプレイングに挑戦。面接での立ち居振る舞いを確認しました。

新藤麻厘さん(生命学部食品生命科学科・3年)が面接のロールプレイングに挑戦。面接での立ち居振る舞いを確認しました。

学生に感想を聞きました。
これまで、マナーについて話を聞く機会はあっても、実践する機会はなかったので、今回初めておじぎ、座り方、立ち居振る舞いなどを実践して、気付くことも多かったです。面接で慌てないよう、日ごろからマナーに気を付けようと思いました」(小笹恵梨さん/工学部建築工学科・3年)

話を聞いて分かったつもりになっていたことでも、実際にやってみるとできないこともあると痛感しました。例えば、おじぎ。自分ではきれいにおじぎができていると思っていても、他の人から見たら完璧ではないということが、二人一組で練習して初めて分かり、とても参考になりました」(三好優華さん/情報学部情報工学科・3年)

「実践を交えてレクチャーしていただき、とてもためになりました」三好さん(左)と小笹さん(右)。

「実践を交えてレクチャーしていただき、とてもためになりました」三好さん(左)と小笹さん(右)。

「ぜひ毎日メイクの練習をしてください。そうすることによって、似合う色や眉の形など、自分をいちばん魅力的に見せるメイクができるようになりますよ」と講師の助守田さん(左)と科野さん(右)。

「ぜひ毎日メイクの練習をしてください。そうすることによって、似合う色や眉の形など、自分をいちばん魅力的に見せるメイクができるようになりますよ」と講師の助守田さん(左)と科野さん(右)。

「面接では自分の持っているものが出ます。普段から言葉づかいや立ち居振る舞いをしっかり勉強・練習して、自分のものにしてください。そして本番では、あまり細かいことは気にしないで、自分の個性をしっかり出してがんばってください」と講師の吉田さん。

「面接では自分の持っているものが出ます。普段から言葉づかいや立ち居振る舞いをしっかり勉強・練習して、自分のものにしてください。そして本番では、あまり細かいことは気にしないで、自分の個性をしっかり出してがんばってください」と講師の吉田さん。

3年生の皆さんは、今日学んだテクニックをしっかり身に付けて、自信を持って就職活動に臨んでください。

PAGE TOP