広島工業大学 女子学生キャリアデザインセンター

技術者をめざす女子学生を全面サポートする

  1. トップ>
  2. Information>
  3. 広島工業大学JCDセンター×釣り情報誌「レジャーフィッシング」コラボ企画第2弾 庄原でニジマス釣りにチャレンジ!

Information

イベント広島工業大学JCDセンター×釣り情報誌「レジャーフィッシング」コラボ企画第2弾 庄原でニジマス釣りにチャレンジ!

昨年11月、(株)KG情報発行の釣り情報誌「レジャーフィッシング」とのコラボレーションで実現したJCDセンター釣り企画。JCDセンターの5つのグループ「J-group」のうち、スポーツを担当する「J-sports」のプロジェクトとして、釣りのスキルを習得し、記事制作をとおして釣りの楽しさを発信することを目的に企画されました。第1弾は、太田川でハゼ釣りを体験し、その模様をレポートする記事制作にも携わりました。第2弾となる今回は、5月17日、広島県庄原市の管理釣り場「フィッシャーリゾートしょうばら」にて、中国からの短期留学生を含む20人の女子学生が参加し、ニジマスなどのトラウト釣りに挑戦しました。

庄原市の「フィッシャーリゾートしょうばら」。豊かな大自然に包まれた、心安らぐ空間です。

庄原市の「フィッシャーリゾートしょうばら」。豊かな大自然に包まれた、心安らぐ空間です。

まずは、釣りをする際の注意事項に耳を傾けます。

まずは、釣りをする際の注意事項に耳を傾けます。

参加したメンバーの多くは釣り初心者のため、釣竿を持つのも初めてでした。そこで、インストラクターの方々に、竿の持ち方、ルアーの付け方、当たりの見極め方など、基本的なことから手取り足取り教えていただきました。

まずはメインハウス近くでキャスト(竿の振り方)の練習。「剣道の面のように振ると、遠くまでルアーが飛んでいきますよ」とインストラクターの皆さん。

まずはメインハウス近くでキャスト(竿の振り方)の練習。「剣道の面のように振ると、遠くまでルアーが飛んでいきますよ」とインストラクターの皆さん。

この日は絶好の釣り日和。釣りをしながら自然を楽しむことができます。

この日は絶好の釣り日和。釣りをしながら自然を楽しむことができます。

はじめは、なかなか当たりが来ませんでしたが、釣り場を変えたチームから歓声が聞こえてきました。駆けつけると、佐藤志帆さん(工学部都市デザイン工学科・3年)が最初の魚を釣り上げていました!

思っていた以上の大きさに「普段、生きた魚に触れる機会が少ないので、抵抗があります。」と佐藤さん。

思っていた以上の大きさに「普段、生きた魚に触れる機会が少ないので、抵抗があります。」と佐藤さん。

秋山ひかりさん(生命学部生体医工学科・2年)は、次々に魚を釣り上げていました。「竿を持つ手に重い手ごたえがありました。やっぱり釣れると楽しいですね」

秋山ひかりさん(生命学部生体医工学科・2年)は、次々に魚を釣り上げていました。「竿を持つ手に重い手ごたえがありました。やっぱり釣れると楽しいですね」

一人が釣れ始めると、次々と学生の竿に当たりが訪れます。その中で、一番の大物を釣り上げたのが留学生の谷萍さん。50cmを越えるニジマスがかかり、本人も驚いた様子です。釣った魚は持ち帰って、塩焼きで美味しくいただきました。

この竿のしなり具合は見物です! 二人がかりでなんとか釣り上げました。この竿のしなり具合は見物です! 二人がかりでなんとか釣り上げました。

大物を釣り上げご満悦の谷萍さん(左)。インストラクターの先生と一緒に。本日一番の51cm!

大物を釣り上げご満悦の谷萍さん(左)。インストラクターの先生と一緒に。本日一番の51cm!。

レジャーフィッシング編集部からの取材を受ける
中山瞳さん(生命学部生体医工学科・2年)。自分で釣ったニジマスを手に、自然と笑顔もこぼれます。

レジャーフィッシング編集部からの取材を受ける 中山瞳さん(生命学部生体医工学科・2年)。自分で釣ったニジマスを手に、自然と笑顔もこぼれます。

今回学生が使用した竿とルアー。レジャーフィッシング編集部の皆さんに本格的なものを準備していただきました。

今回学生が使用した竿とルアー。レジャーフィッシング編集部の皆さんに本格的なものを準備していただきました。

10:00~15:00まで、目いっぱい釣りを楽しんだ学生たち。ほとんどの学生が、少なくとも1匹は釣ることができました。J-sportsリーダー小谷紗加さん(工学部建築工学科・2年)も、魚を釣り上げ大満足の様子。「J-sportsでは、テニス教室、ゴルフ教室、そしてこの釣り教室と、アウトドアの魅力を感じることのできるイベントを開催しています。スポーツの楽しさを味わうことができるので、もっとたくさんの女子学生に参加してもらいたいですね」

「今日はみんなに楽しんでもらえて嬉しかったです」と小谷さん。

「今日はみんなに楽しんでもらえて嬉しかったです」と小谷さん。

池をバックに記念撮影。釣り上げた魚は各自持ち帰り、美味しくいただきました。

池をバックに記念撮影。釣り上げた魚は各自持ち帰り、美味しくいただきました。

インストラクターの先生によると、釣りの魅力は「自然との一体感」にあるそうです。 緑鮮やかな山々に囲まれた中で、存分に釣りを楽しみ、普段の生活では味わうことのできない貴重な体験をすることができました。 今後は、この日の体験をもとに、雑誌の記事制作に関わっていく予定です。

レジャーフィッシング編集部の皆さま、インストラクター皆さま、丁寧にご指導いいただきありがとうございました!

PAGE TOP