広島工業大学 女子学生キャリアデザインセンター

技術者をめざす女子学生を全面サポートする

  1. トップ>
  2. Information>
  3. 女子学生によるメニュー開発第4弾! 学内レストラン「LEAF GARDEN」で1日限定メニューを販売しました!

Information

イベント女子学生によるメニュー開発第4弾! 学内レストラン「LEAF GARDEN」で1日限定メニューを販売しました!

広島工業大学JCDセンター(女子学生キャリアデザインセンター)では、「食」に関する活動を行うグループ「J-eat」による学内レストラン「LEAF GARDEN」の新メニュー開発を2013年から継続的に行っています。7月15日、第4弾となるメニューが販売されました。その名も「みんな大好き夏野菜たっぷりオムソバ」。旬の夏野菜をたっぷり使ったボリューム満点の一品です。一日限定で80食が販売され、開発に携わったメンバーが試食会を行いました。

入口のポスターも、学生自らがデザインしました。

入口のポスターも、学生自らがデザインしました。

こちらが今回開発したメニュー。スープもついてワンコイン(500円)とお手頃な値段です。

こちらが今回開発したメニュー。スープもついてワンコイン(500円)とお手頃な値段です。

今回の「オムソバ」は、夏野菜がたっぷり入っていて栄養満点で、特にオクラとカボチャの触感が良いアクセントになっています。焼きそばの上にはふんわりとした卵がのり、さらにその上ではかつお節が踊っています。
「旬の食材を使うことを、はじめから意識していました」とプロジェクトリーダーの有門実代さん(生命学部食品生命科学科・2年)。メンバーでアイデアを持ち寄り、試作や試食を重ね、3つのメニューに絞りました。今まで提供したことのないメニューという観点から、最終的に「オムソバ」を販売することに決定しました。

鉄板で熱々のメニューが楽しめる「Liveコーナー」で提供されました。

鉄板で熱々のメニューが楽しめる「Liveコーナー」で提供されました。

試食前に、まずは記念撮影!

試食前に、まずは記念撮影!

開発に携わった16人で「いただきます!」

開発に携わった16人で「いただきます!」

「卵がフワフワしているね」「オクラがとろっとしておいしい」「ボリュームがあるね」開発までの道のりを思い出しながら、みんなで味わいました。

「卵がフワフワしているね」「オクラがとろっとしておいしい」「ボリュームがあるね」開発までの道のりを思い出しながら、みんなで味わいました。

開発に携わったメンバーの多くが生命学部食品生命科学科に所属しており、将来は食品開発の仕事に就くことを希望している学生です。J-eatでは他にも、野菜の栽培から収穫までを行う「農業プロジェクト」や企業と共同の商品開発を実施しており、食に関わる楽しさをさまざまな角度から体感することができます。

販売開始から約1時間、11時半過ぎには完売しました!

販売開始から約1時間、11時半過ぎには完売しました!

「チームでものづくりを行う大変さと、それを乗り越えた時の達成感を味わうことができました」と有門さん。

「チームでものづくりを行う大変さと、それを乗り越えた時の達成感を味わうことができました」と有門さん。

寺田憲矢君(右 工学部機械システム工学科・2年)「ボリュームがあるので、男子でも満足できます!」

寺田憲矢君(右 工学部機械システム工学科・2年)「ボリュームがあるので、男子でも満足できます!」

板尾直哉君(情報学部知的情報システム学科・1年)「美味しいです!」

板尾直哉君(情報学部知的情報システム学科・1年)「美味しいです!」

次回は、来年1月に冬メニューの販売を予定しています。ご期待ください!

PAGE TOP