広島工業大学 女子学生キャリアデザインセンター

技術者をめざす女子学生を全面サポートする

  1. トップ>
  2. Information>
  3. 理科の楽しさを学ぼう!本学女子学生が小学生を対象とした理科実験教室を開催しました。

Information

イベント理科の楽しさを学ぼう!本学女子学生が小学生を対象とした理科実験教室を開催しました。

「身近な実験をとおして理科の魅力を伝えたい!」と子どもたちの理科離れを食い止めるべく立ち上がった広島工業大学のリケジョたちが、毎年子どもたちを対象にした理科実験教室を開催しています。チームの名は「JCDキャロット」。2008(平成20)年度から活動を続けており、今年度も各地の公民館や小学校に出向いて理科実験教室を開催しています。8月21日、広島市佐伯区にある楽々園公民館にて、今年度1回目となる理科実験教室を開催しました。
今回の実験は「カタツムリ分光器」と「水中シャボン玉」です。どんな実験を行ったのか、のぞいてみましょう。

まずは、JCDキャロットメンバーがあいさつ。子どもたちは好奇心いっぱいの目で学生を見つめます。

まずは、JCDキャロットメンバーがあいさつ。子どもたちは好奇心いっぱいの目で学生を見つめます。

これからつくるカタツムリ分光器の見本が登場。何が見えるかな。

これからつくるカタツムリ分光器の見本が登場。何が見えるかな。

まずは、カタツムリ分光器の実験です。この実験では、虹が見える仕組みについて学びます。学生は小学生に「雨が上がるとなぜ虹が見えるのかな」と問いかけます。虹が見えるのは、可視光線の屈折する角度の違いによるものですが、難しい原理説明をいかに易しい言葉で伝えるか、学生は子どもたちの反応を見ながら進めていきます。
この日は1年生から6年生までの子どもたちが参加してくれました。はさみを使うのが難しい箇所は学生がフォローに入りながら、分光器作りに挑戦しました。

カタツムリの平面図をはさみで切っていきます。

カタツムリの平面図をはさみで切っていきます。

完成! 上手にできました。

完成! 上手にできました。

雨上がりにできる虹は、光の屈折によるものですが、このカタツムリ分光器の中にあらわれる虹は、光の「回折」と「干渉」という現象によるものです。

CDの表面には、髪の毛の1/1000の大きさの凹凸があります。そこに光が当たって、回折と干渉という現象が起こります。女子学生が紙芝居でわかりやすく解説しました。

CDの表面には、髪の毛の1/1000の大きさの凹凸があります。そこに光が当たって、回折と干渉という現象が起こります。女子学生が紙芝居でわかりやすく解説しました。

材料は画用紙とCDの2つだけ。マスキングテープでデコレーションし、十人十色のかわいいカタツムリ分光器の完成です。

材料は画用紙とCDの2つだけ。
マスキングテープでデコレーションし、十人十色のかわいいカタツムリ分光器の完成です。

続いて、水中シャボン玉実験を行いました。水中シャボン玉作りの前に、まずは普通のシャボン玉を作り、シャボン玉ができる原理を学びます。

大きなシャボン玉に挑戦する子どもたち。

大きなシャボン玉に挑戦する子どもたち。

洗剤を入れた水と入れていない水で表面張力の実験をしました。少しずつ水を入れていって、どこまで水が入るかな?

洗剤を入れた水と入れていない水で表面張力の実験をしました。少しずつ水を入れていって、どこまで水が入るかな?

そして、いよいよお待ちかねの水中シャボン玉作りです。水中でシャボン玉ができる原理は、シャボン液の原料である洗剤(界面活性剤)の「親油基」と「新水基」という成分の特徴によるものです。

空気中で作るシャボン玉と水中でつくるシャボン玉の違いを解説します。

空気中で作るシャボン玉と水中でつくるシャボン玉の違いを解説します。

あ、できた! 水中シャボン玉はストローで吸い上げたシャボン液を液体に落とした瞬間にできる空気の「薄い膜」によってつくられます。

あ、できた! 水中シャボン玉はストローで吸い上げたシャボン液を液体に落とした瞬間にできる空気の「薄い膜」によってつくられます。

今回の実験のリーダーを務めた川岡聖夏さん(工学部建築工学科・2年)と、一緒に実験を行った下野由香さん(環境学部地球環境学科・1年)に話を聞きました。
理科に興味を持ってもらえるよう、シャボン玉遊びやお絵かきなどを行って、子どもたちが楽しみながら理科に触れることができるよう工夫しています。さらに、紙芝居で詳しい原理を説明し、理科の勉強にもつながるよう気を配っています」(川岡さん)
想像以上に子どもたちから反応があり、驚きました。初めての実験で緊張しましたが、次回はもっと積極的に子どもたちに声をかけていきたいです」(下野さん)

「実験に夢中になるあまり、予定時間をオーバーしてしまいました。次回は時間配分に気を付けます」と川岡さん(左)と下野さん(右)。

「実験に夢中になるあまり、予定時間をオーバーしてしまいました。次回は時間配分に気を付けます」と川岡さん(左)と下野さん(右)。

最後に全員で記念撮影。みんな楽しく実験できましたね!

最後に全員で記念撮影。みんな楽しく実験できましたね!

楽々園公民館に集まった子どもたちは、元気いっぱいに実験に取り組んでくれました。今日の「楽しかった」という経験が、今後の「学び」のきっかけになることを願っています。
参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

PAGE TOP