「安全・安心、そして快適な社会の実現のために ~社会基盤整備の現状と課題~」(2014年度)

2014(平成26)年度 公開シンポジウムの受付けは終了いたしました。
2015(平成27)年度 公開シンポジウムは2015年12月を予定しております。

平成26年度 第28回広島工業大学公開シンポジウムのご案内

【テーマ】
安全・安心、そして快適な社会の実現のために ~社会基盤整備の現状と課題~

公開シンポジウムへのお誘い

 今回のシンポジウムのテーマは、「安全・安心、そして快適な社会の実現のために~社会基盤整備の現状と課題~」です。近年、想像を絶する自然災害が発生し、多くの貴重な生命や財産がなくなっています。また、高度成長期に膨大な道路や橋などの社会基盤を整備したために、それらの構造物の多くに劣化に伴う損傷が発生しており、限られた予算の中で如何に効率的に維持管理して、末永く良好な状態で利用するかが喫緊の課題となっています。さらには、諸外国と比べて、まだまだ、都市の施設は貧弱であり、2020年の東京オリンピックまでにさらなる整備が必要となりますが、その際には、周辺環境との調和を考慮して進めることが大切です。そして、地球的規模での環境保全も環境土木工学の大切な分野です。英語で、土木工学は「Civil Engineering」すなわち、「市民工学」と呼ばれています。これからの国づくり、街づくりについて、皆様と一緒に考えることができれば幸いです。

 

開催情報

開催日・時間       平成27年2月7日(土)13:00~16:00(開場 12:30)
会場 広島県JAビル 10階講堂
広島市中区大手町4-7-3 広島県JAビル ホームページ
対象 一般市民(高校生を含む)
定員 300名(先着順)
参加費 無料
お申し込み 詳しいお申込み方法
プログラム 開会 挨拶 広島工業大学 学長 鶴 衛 13:00~13:05
第1部
特別講演
13:05~13:50
「環境土木工学の社会的貢献」

 横浜国立大学上席特別教授、内閣府プログラムディレクター
 藤野 陽三氏

基調講演13:50~14:50
1.「災害対策とメンテナンス ~将来を見据えた技術開発~」

 独立行政法人 土木研究所理事長
 魚本 健人氏

2.「社会基盤整備と環境」

 広島大学大学院 総合科学研究科 教授
 フンク・カロリン氏

3.「中国地方整備局における防災・減災の取り組み」

 国土交通省中国地方整備局 企画部長
 足立 徹氏

4.「高速道路の建設及び維持管理の現状と課題」

 NEXCO西日本 執行役員 技術本部長
 角田 直行氏


休憩(10分)

第2部 パネルディスカッション(60分) 15:00~16:00
パネリスト
  • 横浜国立大学上席特別教授、内閣府プログラムディレクター
     藤野 陽三氏
  • 独立行政法人 土木研究所理事長
     魚本 健人氏
  • 広島大学大学院 総合科学研究科 教授
     フンク・カロリン氏
  • 国土交通省中国地方整備局 企画部長
     足立 徹氏
  • NEXCO西日本 執行役員 技術本部長
     角田 直行氏
コーディネータ
  • 広島工業大学 工学部 都市デザイン工学科 教授
    十河 茂幸
閉会 挨拶 広島工業大学 副学長
主催 広島工業大学
後援 広島県、広島県教育委員会、広島市、広島市教育委員会、国土交通省中国地方整備局、
中国・四国工学教育協会、広島商工会議所、(公財)ひろしま産業振興機構、
(公財)ちゅうごく産業創造センター、中国新聞社、日刊工業新聞社
その他 会場内の席は自由席となっております。
整理券等は配付しておりません。