全国初!広島工業大学が人工衛星「だいち」の画像データを直接受信処理・JAXAの地域拠点に!

2006年11月30日

広島工業大学と独立行政法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)はこのたび、2006年1月に打ち上げられた日本の陸域観測技術衛星ALOS(愛称「だいち」)の衛星画像を、広島工業大学が所有するアンテナで直接受信し、活用していくことで合意しました(2006年11月30日14時に広島工業大学とJAXAが共同発表)。同時に、これまでの研究実績(1996年から文部科学省の研究拠点に指定、最近ではJAXAの「宇宙オープンラボ」に採択されるなど)から、日本で初めてJAXAの地域拠点にも指定されました

06113003.jpg
記者会見で握手するJAXAの宇宙利用推進本部衛星利用推進センター長 福田 徹氏(右)と広島工業大学菅雄三教授(左)、手前は「だいち」の模型。

「だいち」は世界最大級の最新地球観測衛星(3つの特殊センサー搭載)で、軌道は地表から約700キロの位置にあるため、地形はもちろん植生なども細かく観測できます。具体的には2.5mの物体(自動車くらい)まで識別可能です。観測した画像データは、測量やネット地図の作製をはじめ、大規模災害の状況を把握して防災に役立てたり、地盤変動や資源調査など環境の分野にも活用されます。

広島工業大学は、国内のみならず、NASAやESAともライセンス契約を結んでおり、日本の大学で唯一、海外の衛星からの画像データを直接受信・処理しています

「だいち」からの衛星画像データの活用により、広島工業大学は、これまで以上に衛星の利用を推進する地域拠点として、安全で豊かな地域社会の発展に貢献していきます。

06113001.jpg
衛星画像受信アンテナ1(可搬型)
06113002.jpg
衛星画像受信アンテナ2

12/1(金)、宇宙ビジネスの可能性と課題を考える公開シンポジウム「見上げる宇宙から使う宇宙へ」をJAXAと広島工業大学の主催で行います。
詳細はこちら