理工学系人材育成でスクラム ― 私立5工大が「工大サミット」を創設しました。

2017年03月24日

本学を含む、全国の私立5工大(愛知工業大学、大阪工業大学、芝浦工業大学、広島工業大学、福岡工業大学 ※50音順)は、理工学系人材育成の促進を目的として、「工大サミット」を創設しました。

各地の「工業大学」が抱える共通課題の解決に取り組むため、グッド・プラクティス(優れた取り組み)や教育・研究活動に関する情報共有、各種事業の共催などをベースに強固な協力関係を構築し、理工学系高等教育の更なる活性化を図ります。
そして、その活動の場を「工大サミット」として公開し、産業界・高校関係者などの意見を反映するとともに、意思決定を発信する場とします。

3月3日(金)、各大学の関係者が大阪工業大学梅田キャンパスに集結し、報道機関に向けた「工大サミット発表会」を開催しました。

今後の予定としては、まずは6月に「第1回工大サミット」(キックオフイベント)を開催します。
本イベントの詳細や、工大サミットの情報について、今後も随時、本学公式サイトにてお知らせします。日本初の取り組みである「工大サミット」にぜひご期待ください。


3月3日に開催した工大サミット発表会の様子。5大学の関係者が、理工学系人材育成の強化を誓いました。

3月3日に開催した工大サミット発表会の様子。5大学の関係者が、理工学系人材育成の強化を誓いました。

工大サミット発表会にて、岩井副学長が、本学の教育や人材育成像について紹介しました。

工大サミット発表会にて、岩井副学長が、本学の教育や人材育成像について紹介しました。