日本の未来を支える理工系人材育成について議論― 6月24日(土)、 「第1回工大サミット」を開催します。

2017年06月08日

6月24日、広島工業大学(学長:鶴 衛)を含む、全国の私立5工大(愛知工業大学、大阪工業大学、芝浦工業大学、広島工業大学、福岡工業大学)は「第1回 工大サミット」〔後援:文部科学省・経済産業省・大阪府他〕を開催します。
今日、国際社会で活躍でき、イノベーションを生み出せる理工系人材の育成が急務です。同サミットでは、理工学系高等教育の更なる活性化を図るため、教育・研究活動に関する情報共有、各種事業の共催などをベースに強固な協力関係の構築を目指します。


※クリックすると拡大します。



■「第1回 工大サミット」開催概要■

日    時 : 2017年6月24日(土) 13:00 ~ 17:00
場    所 : 大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワー(大阪市北区茶屋町1-45)
         (受付:2階受付カウンター 12:30~)
プログラム : 〔13:10~13:20〕
          ご挨拶 村田 善則 氏(文部科学省 高等教育局 私学部長)
         〔13:20~14:20〕
         講  演 水落 隆司 氏(三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 所長)
         〔14:30~16:30〕
         5大学学長プレゼンテーションおよびパネルディスカッション
         〔16:30~17:00〕
         質疑応答


◎関連するお知らせブログ◎
理工学系人材育成でスクラム ― 私立5工大が「工大サミット」を創設しました。