平成30年度(2018年度)前期末試験のお知らせ

2018年07月11日

平成30年度(2018年度)前期末試験の時間割表を公開しました。

試験期間:2018年7月25日(水)~8月2日(木)

教員の指示がある場合は、指示に従い、指定された教室で受験してください。
変更や試験がなくなった場合、時間割表とは別に掲示されている可能性がありますので、
必ず学内の掲示板を確認するようにしてください。

※試験時間割については、天候により変更となる可能性があります。
 変更がないか必ず自身で定期的に確認するようにしてください。

平成30年度(2018年度)前期末試験時間割表

なお、病気等のやむを得ない理由で期末試験を欠席する場合、授業担当教員に欠席届を提出してください。
◆やむを得ない理由(下の表に定めるもの)によって期末試験が受けられなかった者を対象に「追試験」を行う制度があります。願出るには、医師の診断書など、欠席の事由を証明できる書類に欠席届を添付し、授業担当教員に申し出が必要です。
その上で、授業担当教員が欠席事由について妥当と判断した場合に行います。

◆病気等で試験前に欠席届を提出できない場合は、回復後速やかに欠席届を提出してください。また、HITPOのコース管理システム等で授業担当教員に連絡できる場合は、事前に欠席連絡してください。
※連絡した場合でも、欠席届の提出は必要です。
※欠席届の提出が遅れると、追試験等の措置が間に合わなくなる場合があります。

◆7月6日以降の豪雨災害の影響で試験を受験できない場合は、所定の欠席届(7月豪雨災害専用)(PDFWord)を提出してください。罹災証明書等は不要です。

 
追試験を願出るための欠席事由と必要な証明書類

欠席事由

条件

証明書類

1. 病気、傷害

医師が就学に耐えられないと診断した場合

医師の診断書又はそれに類する証明書(インフルエンザ等の「学校において予防すべき感染症」は「治癒証明書」)

2. 忌引

二親等以内の親族の死亡

死亡を証明する書類又は会葬礼状(死亡日明記のもの)

3. 災害

地震、火災等で被災した場合

罹災証明書

4. 交通機関の支障

通学区間におけるすべての交通機関が運休又は30分以上遅延した場合

運休又は遅延証明書

5. 就職試験

採用選考を伴わない会社説明会及びインターンシップ等は含まない

企業からの通知書等

6. 単位互換科目の試験との重複

 

単位互換科目受験証明書又はそれに類する証明書(科目開設大学の発行したもの)

7. 教育実習等の実習期間との重複

「教育実習」「臨床実習」の履修者

 

8. 勤務先の都合によるもの

勤務先(アルバイト先等を除く)の都合により、やむを得ない場合

やむを得ない事由を記した勤務先の証明書又はそれに類する証明書

9. 裁判員としての裁判への参加

 

裁判員として裁判への参加を証明するもの

10. その他

欠席事由が、1から9の欠席事由に準ずると認められる場合

欠席事由を証明する書類等

◎授業担当教員への欠席届の提出は、オフィスアワー等を参考にしてください。
 ※授業担当教員が非常勤講師の場合は、学務部に相談してください。
◎インフルエンザ等の「学校において予防すべき感染症」の場合は、回復後速やかに、治癒証明書のコピーを添えて欠席届を提出してください。
◎追試験等の実施については、授業担当教員の支持の他、掲示で連絡する場合もあるので、必ず掲示板も確認してください。

なお、期末試験の成績が不合格であった者に対して再度行う「再試験」は、授業担当教員が必要と認めた場合に行います。