電気システム工学科

西村 和則

教員紹介

西村 和則NISHIMURA Kazunori

工学部 電気システム工学科 教授

研究者情報

プロフィール

【専門分野】
○電力系統を考慮した電力変換装置の高効率化・高力率化に関する研究
【担当科目】
パワーエレクトロニクス 、 エネルギー変換工学 、 電気工学実験
【研究テーマ】
1.電力変換回路が電力系統に与える影響に関する研究: 電力系統の高調波含有率、ひずみ率、電力線搬送環境、高電圧電磁環境保全、地球環境保護、エネルギー資源の技術ソリューションに関する研究。
2.電力変換用回路トポロジー技術を用いた高効率化に関する研究: 負荷主共振、補助部分共振トランス漏れインダクタ共振、複合(多重)共振、2次側共振、電力回生・回収共振スナバ、時分割共振マルチフェーズ、3レベル共振回路、など、共振回生現象・特性利用高周波ソフトスイッチング電力変換回路技術を用いた高効率な電力変換方式に関する研究。
3.高周波対応受動回路コンポーネントの材料・構造関連技術に関する研究: 高周波パワープレナートランス、高周波パワープレナーインダクタ、高周波パワー可飽和インダクタ、高周波パワーキャパシタ、ACフィルタ、DCフィルタ、電力回生無損スナバ回路部品、EMIフィルタの高効率化に関する研究。
4.分散型電源用エネルギー変換デバイス技術の適正化に関する研究: 太陽電池アレイ、燃料電池スタックEDLC、新型電池(Li-Ion)、高効率高出力LED、永久磁石モータ/ジェネレータ、誘導加熱コイル、パワー圧電デバイス、放電ランプなど回路適正化、また、分散型電源の広域運転に関する研究。
【ひとこと】

イマジネーションを形にして欲しいと思います。
それは、世の中に役立つ技術になるかもしれません。