©Hiroshima Institute of Technology. All Rights Reserved.

2023年度広島工業大学入学者選抜における 新型コロナウイルス感染症対策のお願い

2022.07.01

このニュースは、クローズされました

試験場における新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止し、受験生の皆さんが安心して受験できる環境を確保するため、以下の点に注意してください。

1.日頃から感染予防について心がけるとともに、朝などに体温測定を行い、体調の変化の有無を確認してください。

2.試験日の1週間程度前から発熱・咳等の症状がある方は、あらかじめ医療機関を受診してください。

3.新型コロナウイルス感染症に罹患し、試験日に入院中又は自宅や宿泊施設において療養中の方は受験できません。

4.海外から日本に入国して受験する場合、防疫対策として要請される事項に基づき行動することから、入国後に待機を要請される場合は、その期間は受験できないため、待機期間の有無を確認の上、余裕を持って入国してください。

5.発熱・咳等の症状がない無症状の濃厚接触者は、大学にお問い合わせください。

6.試験当日に息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合、基礎疾患等により重症化しやすい方が発熱・咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合の他、発熱・咳などの比較的軽い風邪の症状が続く場合は、試験当日における対応等について、かかりつけ医や「受診・相談センター」(地域により名称が異なることがあります。)に相談するとともに、別日程での受験を検討してください。
 また、上記に該当しないものの、発熱や咳等の症状のある方は、その旨を試験監督者等に申し出てください。

7.試験当日は、各自マスクを持参し、発熱・咳等の症状の有無にかかわらず、試験場内では必ずマスクを着用(鼻と口の両方を確実に覆ってください)してください。
 また、昼食時及び試験監督者等からの指示がある場合以外は常に着用してください。
 なお、何らかの事情によりマスクの着用が困難な方は、大学にお問い合わせください。

8.試験当日は、試験室入口付近に、手指消毒用としてアルコール製剤を配置します。
 試験室への入退出を行うごとに、手指消毒を行ってください。

9.試験当日は、休憩時間や昼食時等における他者との接触、会話を極力控えてください。

10.試験当日は、受験者控室は設けませんので、できる限り入場時間に合わせて試験場に来てください。

11.試験当日は、障害等の理由がある場合を除き、付き添いは控えてください。

12.試験当日は、試験室の換気のため窓の開放等を行います。気温によっては上着など暖かい服装を持参してください。

13.試験終了後は、マスクを試験会場内に廃棄せず、必ず持ち帰ってください。
 また、できるだけ寄り道などはせず、まっすぐ帰宅してください。

14.帰宅後はまず手や顔を洗ってください。

15.厚生労働省・内閣官房開発の新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)は、利用者が新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性がある場合に通知を受けることができるものであり、その後の検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができることから、このアプリのインストールを推奨いたします。

(参考:厚生労働省HP)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

<参考資料>
新型コロナウイルス感染症対策に伴う2023年度広島工業大学入学者選抜の対応について
(2022年07月01日公開)
※別日程への受験の振替え等を記載しています。

お問い合わせ先

教学支援部
フリーダイヤル:0120-165-215
TEL: 082-921-3129
e-mail:admission@it-hiroshima.ac.jp