WEBオープンキャンパス2020

2020年は新型コロナウイルス感染症の拡大により、現地でのオープンキャンパスが開催できませんでした。しかしそんな中でも、高校生や保護者の方に本学の研究や学びについて知ってもらおうと、7月19日(日)~8月30日(日)までの約1か月半、「WEBオープンキャンパス」を開催いたしました。


教員が作成した「研究紹介」動画で、大学の研究や学びを知る。

大学で教員がどんな研究を行っているかをわかりやすく紹介した動画を、教員自らが作成。そのほか学科の学びを紹介する動画や保護者向け講演会など、動画数は約190本にもなりました。
参加した方からは、「どの学科も研究内容だったり実際に研究している風景が見れたので非常に良かったです。」「先生たちの話がわかりやすく、知りたい情報がすぐ理解できました。」と、普段知ることができない教員の研究内容を知ることができてよかったという声をいただきました。

バーチャル空間で広島工業大学を体験。

建築デザイン学科 杉田宗研究室の学生が主体となり、全学科の学生が参加し、地図や航空写真、大学の資料・平面図を参考に3Dの「バーチャル広工大」を構築。講義棟や図書館、食堂、売店など忠実にバーチャルの世界で再現し、専用のアプリをダウンロードすると、3Dのキャンパスを自由に散策できます。

7月19日(日)、8月30日(日)にはバーチャル空間でのキャンパスツアーも開催され、集まった参加者は、在校生に大学生活について質問を行うなど、実際のキャンパス見学さながらに大学を体験してもらうことができました。
「キャンパスツアーに参加して先輩方の話を聞きました。広島工業大学は男子が多いイメージがありますが私の志望する学部は女子も多いことを知りました。」「楽しかったです。子どもと一緒に見させてもらいました。」と、バーチャル広工大の世界を楽しんでいただきました。

そのほか、「総合型選抜(学科課題型)エントリーセミナー」や「模擬講義」、「教育業界のプロによる講演会」や「学科紹介」などWEBオープンキャンパスならではのたくさんの動画コンテンツで、皆様へ広島工業大学の魅力を発信しました。

WEBオープンキャンパスにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。