情報コミュニケーション学科

情報コミュニケーション学科

2020年4月開設

これからの社会は人口が減少に転じ、規模の拡大による発展は見込めません。「少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差」などの社会的課題に対応するだけでなく、今までよりも豊かで、住みよい社会を築いていくことはできないでしょうか。その切り札として期待されているのがSociety5.0です。急速に進化したIoT、ビッグデータ、AI(人工知能)、ロボットなどの技術を組み合わせ、「社会システム全体が最適化」することにより、社会の課題を解決するだけでなく、いっそうの発展を目指そうとするものです。
 

誰も生きたことのない時代を生きる。
そんな時代にキミにできるコト。

これからの社会は人口が減少に転じ、規模の拡大による発展は見込めません。
「少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差」などの社会的課題に対応するだけでなく、
今までよりも豊かで、住みよい社会を築いていくことはできないでしょうか。
その切り札として期待されているのがSociety5.0です。
急速に進化したIoT、ビッグデータ、AI(人工知能)、ロボットなどの技術を組み合わせ、
「社会システム全体が最適化」することにより、
社会の課題を解決するだけでなく、いっそうの発展を目指そうとするものです。 

誰も生きたことのない時代を生きる。
そんな時代にキミにできるコト。

情報を利活用し、
社会的価値を創造できる技術者を育成する。  

情報処理は長らくの間、単純な計算を高速にくり返すことができる能力が活かされてきました。それが今日では、画像データから特徴を見つけ出すなど、人間に近い高度な処理ができるようになってきました。また、利用者も製品やサービスの性能を求めてきましたが、「ユーザー体験」すなわち、知らないうちに感じている楽しさ、心地よさ、そして幸福感を求めるようになりました。情報コミュニケーション学科では、このような時代において情報がどのように社会に貢献できるかを考え、提案できる技術者を育成します。

情報を利活用し、
社会的価値を創造できる技術者を育成する。  

情報処理は長らくの間、
単純な計算を高速にくり返すことができる能力が活かされてきました。
それが今日では、画像データから特徴を見つけ出すなど、
人間に近い高度な処理ができるようになってきました。
また、利用者も製品やサービスの性能を求めてきましたが、
「ユーザー体験」すなわち、知らないうちに感じている楽しさ、
心地よさ、そして幸福感を求めるようになりました。
情報コミュニケーション学科では、
このような時代において情報がどのように社会に貢献できるかを考え、
提案できる技術者を育成します。
教育研究の分野

教育研究の分野

教育研究の分野
林ゼミ
 林ゼミでは、音声通話/映像配信/Web閲覧などの情報通信サービスに対するユーザー満足度と、通信ネットワーク/アプリケーション性能の対応関係を解明し、情報通信サービスの最適設計に反映しています。まずは学生自らがユーザーになり、サービス品質や使い勝手を左右する要因を洗い出します。