工学部

機械システム工学科

新たなものづくりに挑戦できる
エンジニアを育成します。

機械システム工学科の学びは、家電から航空宇宙、自動車、医療機器、ロボットなどあらゆる分野に通じています。機械力学・材料力学・熱力学・流体力学の4つの力学の基礎知識を中心に、設計、材料、制御システムなどエンジニアに必要な幅広い専門知識や技術を修得することができます。

教育研究分野

  • デジタルものづくり分野

    安全性を確保しながら所定の機能を果たす機械を、コンピュータを駆使しながら設計製作する能力(CAD・CAM・CAE)を修得します。また、材料加工技術や計測技術とともに工場での生産システムについて学修します。

  • 先端材料分野

    材料学はものづくりの出発点に位置づけられ、機械の特性、信頼性や安全性に大きな影響を及ぼします。本分野では、基本となる鉄鋼材料の基礎理論、および非鉄金属材料や航空宇宙材料の強度特性や破損メカニズムについて学修します。

  • 環境エネルギー分野

    水や空気の流れが保有するエネルギーや燃焼等で生じる熱エネルギーから高効率に力学エネルギーを取り出すエネルギー変換技術について学修します。また最先端の航空宇宙工学についても学修します。

  • 制御システム分野

    現在の機械は制御システムが不可欠です。これに必要な電気電子システム、制御機器、情報システムの基礎と応用に関する知識と技術について学修します。また、最先端のロボット工学についても学修します。

科目紹介

  • 設計製図A・B

    設計製図A・B

    図面を描く能力はもちろん、図面を読み解く力も重視し、講義を展開している設計製図A・B。機械の構造や形状、製作法を考慮しながら、実際の図面を作成します。

  • 材料力学A・B

    材料力学A・B

    機械のある箇所に力が加わった時、その部分にどのような抵抗力が生じ、どのような変形が起こるのかを調べ、より安全で経済的な機械構造を実現する方法を考える講義です。

  • 流れの力学A・B

    流れの力学A・B

    水と空気に代表される流体は、日常生活をはじめ、微生物、サッカーボール、航空機、海洋、地球環境など、広範なスケールを持つ流れ現象に関与します。これらの中に共通に潜む基本原理や法則について学びます。

  • 品質管理

    品質管理

    高品質低コストのものづくりが求められる製造業。製造業におけるさまざまな課題を発見し、評価することで解決に導くため、品質管理手法の理論と実践的手法を身につけます。

  • 熱力学A・B

    熱力学A・B

    熱エネルギーの本質と熱現象を支配する基本法則を学ぶとともに、応用として、エクセルギー、化学反応と燃焼、エネルギー変換、サイクル論を中心とした熱機関、冷凍機・ヒートポンプ、伝熱工学などについて理解を深めます。

カリキュラム

就職・進学

目指せる資格

教員紹介

学科紹介MOVIE

工学部 の動画