大学院

博士後期課程

工学系研究科
知的機能科学専攻

新領域を開拓しうる独創能力と
実現能力を持つ人材を育成します。

物質の特性に関する先端理論をはじめ、原子・分子オーダで設計された多様な特殊材料の創出、信号処理と理論の実際をふまえた知能情報システムの構築・制御・高機能化、また環境と社会基盤の構築を教育・研究の対象とし、安全工学・人間工学・環境工学などの幅広い見地に立って新しい領域を開拓しうる高度専門職業人や研究者を養成します。

学びの分野

  • 物質・材料領域

    材料物質の特性や力学的特性などの先端理論。人工的に設計され制御された新構造材料・複合系新機能材料の創出や知的デバイスの開発と機能解析。計算機材料工学とも関連づけながら教育研究を行います。

  • 構造機能領域

    センサ機能内蔵·外界応答機能内蔵型構造体及び機械装置の概念の構築を目指します。設計·加工・機能の付与から構造体の信頼性に至るまで、教育研究は融合的内容に及びます。

  • 知能情報領域

    適応型・自己学習型などの知的機能を持つソフトシステムの構築を主眼とします。先端的な信号処理理論の開発、各種信号の検出・認識、情報の知的な生成・処理・制御ならびにシステムの高機能化・知識化について教育研究を行います。

  • 環境・社会基盤領域

    地球規模から地域規模に至る地球環境観測に関する先端的解析理論及び多次元時空間情報システム開発。社会基盤の形成に関する最適化理論及びライフサイクルマネジメントシステムの開発。環境と社会基盤の保全・調和·創造に関する理論と高機能地球環境観測システムの開発について教育研究を行います。

  • 生体・食品領域

    生体の分子情報、神経伝達及び身体活動の発現解明とこれら生体機能の医工学的応用。新食品開発における科学的評価とエビデンスの確立。これらを統合して進める健康・システム管理の教育研究を行います。

カリキュラム

公式YouTubeチャンネル