財政状況

企業会計とは異なり、学校法人には「学校法人会計基準」に従って会計処理を行う事が義務付けられています。

学校法人会計の解説
財政状況の経年比較

2017年7月11日更新

2017年度予算の主な内容(当初予算)

事業活動収入の部

学生生徒等納付金 学生数:学部4,414名(定員4,320名)、大学院96名、計4,510名見込む。
内入学生:学部1,080名(定員1,080名)、大学院48名、計1,128名見込む。
経常費等補助金 経常費補助金は、599,814千円を見込む。
地方公共団体補助金は、399千円を見込む。
その他の特別収入 施設設備補助金は、耐震補強 1件、研究設備 1件、教育装置 2件、教育設備 3件、利子助成 1件で210,191千円を見込む。
基本金組入額 施設関係:新棟建設、耐震改修の実施(新4号館)、16号館4階改修工事、鶴記念体育館トイレ改修など。
設備関係:新棟建設(什器・実験機器)、補助金関係装置・設備、アクティブラーニング教室の整備、20号館6・7階ウォールスルー更新(西側)など。

事業活動支出の部

教育研究経費 新棟建設(什器物品)、3号館外壁改修、武道館外壁改修工事、研究装置・設備、大型教育装置運用費、SPI適性検査、HITスカラシップ、卒業生子女減免、兄弟減免など。
管理経費 広報関係、オープンキャンパス関係、入学試験説明会、スクールバスなど。

2017年度大学事業活動収支当初予算

(単位:千円)
科目 2017年度
当初予算(A)
2016年度
決算(B)
差異(A-B)
事業活動収入の部
学生生徒等納付金 6,262,370 6,375,878 △ 113,508
手数料 90,084 93,909 △ 3,825
寄付金 13,000 21,990 △ 8,990
経常費等補助金 601,029 567,188 33,841
付随事業収入 113,945 202,059 △ 88,114
雑収入 182,458 92,224 90,234
受取利息・配当金 8,577 8,880 △ 303
その他の教育活動外収入 0 0 0
資産売却差額 0 318 △ 318
その他の特別収入 210,191 70,466 139,725
事業活動収入計 7,481,654 7,432,913 48,741
事業活動支出の部
人件費 3,000,363 2,875,365 124,998
教育研究経費 3,166,699 2,947,845 218,854
管理経費 594,814 530,814 64,000
徴収不能額 0 0 0
借入金等利息 7,286 12,490 △ 5,204
その他の教育活動外支出 0 0 0
資産処分差額 2,000 13,991 △ 11,991
その他の特別支出 0 0 0
事業活動支出 6,771,162 6,380,505 390,657
収支差額

予備費 60,000 0 60,000
学園調整勘定 309,568 217,232 92,336
基本金組入前当年度収支差額 340,924 835,176 △ 494,252
基本金組入額合計 △ 1,841,084 △ 1,205,707 △ 635,377
当年度収支差額 △ 1,500,160 △ 370,531 △ 1,129,629
前年度繰越収支差額 3,185,321 4,422,718 △ 1,237,397
翌年度繰越収支差額 1,685,161 4,052,187 △ 2,367,026

2016年度決算の主な内容

事業活動収入の部

学生生徒等納付金 学生生徒等納付金は、休退学者が予測より多かったため減少した。
経常費等補助金 経常費補助金559,321千円、大学改革推進等補助金 816千円など。
その他の特別収入 私立学校施設整備費補助金(耐震新10号館)57,469千円、私立学校施設高度化推進事業費補助金(利子助成)2,250千円など。
基本金組入額 施設関係:新10号館耐震改修工事、新3号館実験棟119室万能試験機付帯工事、藤垂園テニスコート整備、沼田校舎知育館4階便所改修工事、学内LAN増設工事など。
設備関係:補助金関係装置・設備、学部・大学院機器、ファイナンスリース機器、空調設備工事など。

事業活動支出の部

教育研究経費 学部・大学院等実験実習経費、個人研究経費、受託研究経費、奨学寄付金経費、武道館南・西外壁改修工事、3号館西面外壁改修工事、図書館外壁・サッシ改修など。
管理経費 耐震診断費(沼田校舎)、広報・広告関係、オープンキャンパス関係、入学試験説明会など。