GP制度

学生が修得した成績に沿った、学修指導、履修指導を行うためGP制度を設けています。
GP制度では、学修結果の評価を示す値として以下のとおりGPA及びGPTを定めています。

GPT(Grade Point Total)

履修科目の成績合計値です。履修科目ごとの単位数に、履修科目の成績評価に応じたGP(Grade Point)を乗じて得た値の合計で算出します。
ただし、自由科目の修得単位は算出の対象になりません。

<算出方法>
GPT = {(履修科目の単位数)×(履修科目のGrade Point)}の合計

GPA(Grade Point Average)

履修科目の成績平均値です。履修科目ごとの単位数に、履修科目の成績評価に応じたGP(Grade Point)を乗じて得た値の合計(GPT)を履修科目(未修得の履修科目を含む)の単位数の合計で除して算出し、小数点以下第2位(第3位を四捨五入)までの値で表します。最大値は4.00です。

<算出方法>
GPA ={(履修科目の単位数)×(履修科目のGrade Point)}の合計
履修科目(未修得の履修科目を含む)の単位数の合計

GPT/GPAの種類

【前期GPT/GPA】 前期の履修科目の成績評価を対象として算出する値

【後期GPT/GPA】 後期の履修科目の成績評価を対象として算出する値

【当該年度GPT/GPA】 当該年度の履修科目の成績評価を対象として算出する値

【通算GPT/GPA】 入学時からの履修科目全ての成績評価を対象として算出する値

評価換算表

評価(評語) A B C D
Grade Point 4 3 2 1 0