ベルギー-第17回国際交流の夕べ-を開催しました。

2012年4月27日 12:59

2012年4月25日(水)に、第17回国際交流の夕べを行いました。
今回は、知能機械工学科中根久典先生の元にインターンシップ生として来日している、ベルギーのリエージュ高等教育機関在籍の学生Dumont Olivier(デュモン オリヴィエ)さんにベルギーについてお話してもらいました。本学学生と瀋陽の留学生、教職員合わせて19名が参加し、みんな興味深そうにデュモンさんのお話を聞きました。
 

Dumont2P4252500.JPG mapP4252488.JPG
デュモンさん  
まず、ベルギーの言語についてです。
ベルギーには「ベルギー語」という言語はなく、住んでいる地域によってフランス語、ドイツ語、オランダ語を話します。デュモンさんの後に続いて、それぞれの言語で「こんにちは」と言ってみましたが、普段聞き慣れないのか、みんなオランダ語は難しかったようです。

3languagesP4252492.JPG Pr&_233_erea_05.jpgのサムネール画像
フランス語「Bonjour」、ドイツ語「Guten Tag」,
オランダ語「Goeiendag」
青=オランダ語圏、緑=フランス語圏、紫=ドイツ語圏

言語が3つに分かれていることで、政治のシステムも複雑です。3つの言語地域にそれぞれの政府があるため、ベルギーは小さな国にも関わらず、18800人の政治家が存在するそうです。日本とは全く異なる政治のシステムにみんな驚いていました。

もう一つみんなが驚いていたことは、ベルギーでは、朝6時から午後2時までが就業時間だということです。朝は早いですが、早く帰宅できるのは羨ましいですね。

 

続いて、ベルギーの産業についてです。
ベルギーは日本と同様に高度技術が発達しており、自動車やダイヤモンド、衣料品など多くの分野に特化しています。

Pr&_233_fashion_12.jpg Pr&_233_car_15.jpg
   

デュモンさんのお話のあと、みんなからデュモンさんへ質問をしました。

「仕事は朝6時から始まるが、学校は何時から?」という質問に対し、
「学校は朝8時から始まるので、家庭によっては、親の方が早く家を出ることがある。」と回答がありました。
また、「ベルギーの人はみんな3ヶ国語を話せるのですか?」に対し、「3ヶ国語を話せる人は少ない。」とのことでした。

 最後に、参加者全員で写真を撮りました。

ベルギーがどのような国なのか知らなかった人も、デュモンさんのお話を聞いて知識を深めることができました。参加者にとって自分の国との違いを楽しめた1時間となりました。

questionP4252502.JPG togetherP4252504.JPG
 一つ一つの質問に丁寧に答えてくれました  集合写真
<< 2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

ベルギー-第17回国際交流の夕べ-を開催しました。