瀋陽航空航天大学短期留学生交流行事 vol.3 〔2017.11.25(Sat)〕

2017年12月 8日 11:56

宮島見学

   《世界遺産の一つ厳島神社を訪れるとともに、宮島の魅力を体感する》

 2017年11月25日(土)に留学生は国際交流ボランティア(12人)とともに広島の世界遺産の一つである厳島神社を見学するために、宮島を訪れました。

今回の行事では、国際交流ボランティアの淺野 恵生さん(知的情報システム学科 1年)、和田 稀弥華さん、中原 海音さん、新庄 美月さん(ともに建築デザイン学科 1年)の4人がリーダーとなり、留学生が宮島の魅力を体感できるよう見学コースを考え、留学生を案内しました。

午前9時40分、宮島の桟橋に到着した留学生とボランティア学生は厳島神社へと向かいました。

IMG_1701.JPG IMG_1710.JPG

宮島の桟橋、大鳥居の前ではい、チーズ! 

厳島神社へ向かう途中、鳥居と狛犬の前に差し掛かったボランティア学生は、留学生が宮島についてより深く学べるよう、鳥居の役割や鳥居を通る時の作法、「阿吽の呼吸」の意味などを留学生に丁寧に説明しました。

IMG_1707.JPG IMG_1703.JPG

鳥居をくぐるときは、端を通りましょう

ボランティア学生の説明を真剣に聞く留学生

午前10時15分、厳島神社の前に到着!

厳島神社の名前の由来や、手水・参拝をする際の作法について、ボランティア学生から教わりつつ、厳島神社内を見学しました。留学生の金 涵池(キン カンチ)さんは「前に、奈良に観光に行った際も神社を訪れましたが、一人だったため、色々なことが分かりませんでした。今回はボランティアの皆さんのおかげで、神社や鳥居について知ることができました。」と話してくれました。

IMG_1722.JPG  IMG_1719.JPG

厳島神社を見学する留学生とボランティア学生

おみくじにも挑戦!

午前10時45分、厳島神社の見学を終えた留学生とボランティア学生は、瀬戸内海の海の生き物について学ぶべく、「宮島水族館」を訪れました。

留学生とボランティア学生は約1時間、水族館の中を見学しました。

IMG_1733.JPG IMG_1745.JPG

たくさんの海の生き物について学びました

「とても楽しかったです!」と留学生

宮島水族館の展示の中でも特に留学生が驚いていたのは、人間の古い角質を食べ、手足をきれいにしてくれることで有名な「ドクターフィッシュ」の体験コーナーでした。

IMG_1741.JPG IMG_1742.JPG

ボランティア学生と留学生もドクターフィッシュに挑戦!

午後14時00分、商店街で昼食を済ませた後、留学生とボランティア学生は、宮島の銘菓である「もみじ饅頭」の手作り体験に参加するために、宮島伝統産業会館へ向かいました。

 宮島伝統産業会館では、あんことチョコレート味のもみじ饅頭作りを体験することができます。留学生の朱 禹婷(シュ ウテイ)さんは「スタッフの方の作り方を見るよりも、自分で作る方が難しかったです」と話していました。

IMG_1753.JPG IMG_1757.JPG
宮島伝統産業会館では自分で作った焼きたてのもみじ饅頭をその場で食べることができます。

午後17時00分、全ての見学を終えた留学生とボランティア学生はフェリーで宮島口駅へと戻りました。

今回の宮島見学を通して、留学生とボランティア学生は宮島の魅力を体感するとともに、より一層、交流を深めることができました。

留学生との交流はまだまだ続きます!国際交流センターでは、交流活動を支援してくれる学生ボランティアを募集中です。興味のある方は国際交流センターまでお越しください。

http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/volunteer/ (国際交流ボランティア)

また、留学生の出身校である、中国の瀋陽航空航天大学への派遣留学もあります。こちらも興味のある方は、ぜひご応募ください。

http://www.it-hiroshima.ac.jp/international/abroad/shenyang/ (瀋陽航空航天大学派遣留学)

皆さんの参加をお待ちしております!

 

<< 2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

瀋陽航空航天大学短期留学生交流行事 vol.3 〔2017.11.25(Sat)〕