工作センター

学内2ヵ所にある工作センターは、機械加工・溶接などの工作実習に使用されるほか、学内で必要な研究・教育機材の製作も行います。
また卒業研究に必要な実験装置を、学生が自ら設計・製作できるように、設備は学生たちに開放されています。
本学の工作センターの設備は、工科系大学の中でも質・量ともにトップクラスです。

工作センターは、3つの役割を果たしています。 その第一は、学内で必要な研究・教育機材の製作をすることです。いろいろな高精度の実験装置やテストピー スをできるだけ早く提供するようにしています。

2番目の役目は、学生が卒業研究に必要な実験装置を自ら設計・製作できるよう、工作センターの設備を開放するとともに、加工についての技術的指導を行うことです。ものづくりは技術者の原点です。手作りの喜びを知ることは、学生の将来にとって有用な体験だと考えています。

3番目は、主として機械システム工学科および知能機械工学科を対象とした機械加工・溶接などの工作実習です。従来からの一般的な機械加工に加えて、独自に開発したCAD、CAMのソフトウェアも導入した豊富なテーマ設定となっています。

このような役割を果たすため、工作センターは、旋盤、フライス盤などの汎用的な切削加工用工作機械や溶接機を多数そろえるとともに、数値制御加工用の自動プログラミング装置、マシニングセンター、CNC旋盤、ワイヤーカット式放電加工機をはじめ塑性加工用諸設備などさまざまな設備を整えています。