学生自主企画プログラム「HITチャレンジ」制度

「HITチャレンジ」とは

HITチャレンジ(学生自主企画プログラム)制度は、大学生活で「こんなことをやってみたい」「新しいことに挑戦してみたい」という思いを実現できる制度です。学生が自主的に企画を立て、審査の結果プログラムが採択されれば、最高50万円が支給されます。2015年度は、5件のプログラムが採択され、各団体が活動しています。

2015年度HITチャレンジに採択された団体

〔一般部門〕

GREEN project

体験から学ぼう
~生物との触れ合いと災害対策~

小学5、6年生を対象に、生物と災害について出張授業を行います。生物編は広島県の川の生物・植物の調査や水質調査を行い、災害編は液状化現象の実験やゲームを行うことで、理科への理解を深めてもらうことを目指します。

結果報告.pdf

 

建築屋たち

救急・防災のための情報発信模型

広島工業大学とその周辺の模型の作り直しに加え、避難経路や避難場所などを分かりやすく示します。完成品を本学学生や地域の方々に発信するため、学内や地域の公民館などに展示し、防災意識の向上に役立てます。

結果報告.pdf 

HIT LAB

クラウドに繋がる組込み機器のシステム開発

「温度センサによる火事の未然防止システム」と「室温管理システム~スマホで遠隔操作~」の開発を行います。また、開発したシステムをコンテストで発表し、システムに関する高い技術を身につけます。

結果報告.pdf 

HIT-EV

電気自動車でエコランだ
~乾電池40本のチャレンジ~

充電式乾電池を動力としたエコ電気自動車を自作し、大会で上位入賞を目指します。主にギア比の計算とモータの解析を行い、オリジナルマシンを設計します。また、この活動を通し、環境に配慮した工学を学びます。

結果報告.pdf 

HITアシステック

アシスティブ・ハンドの開発

安価で汎用性の高い食事支援ロボットの開発を目指します。完成品は、オープンソースでの公開やイベントへの出展を予定しています。介助者や要介助者の負担軽減、生活の質の向上を目的としています。

結果報告.pdf 

★申し込み方法等★
●HITチャレンジ募集要項2016年度.pdf

★アンケート結果★
HITチャレンジの学生アンケート実施結果.pdf

★過去のHITチャンレジ採択団体に関するページ★
●HITチャレンジ結果報告会2014年度
●HITチャレンジ結果報告会2013年度
●HITチャレンジ結果報告会2012年度
●HITチャレンジ結果報告会2011年度
●HITチャレンジ結果報告会2010年度

Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧いただくには、
アドビ システムズ社から無償提供されているAdobeR ReaderTMプラグインが必要です。