「自然エネルギーによる発電について」 ~脱炭素社会に向けて~(2009年度)

2009年度第23回広島工業大学公開シンポジウム受付は終了いたしました。
多数のお申し込みありがとうございました。

第23回 広島工業大学公開シンポジウム
「自然エネルギーによる発電について」 ~脱炭素社会に向けて~

21世紀を迎え、現代社会にとって必要不可欠である電気エネルギーは、化石燃料や原子力など再生産不可能なエネルギー源にその多くを依存してきました。

しかしながら、石油資源の枯渇やCO2排出に伴う地球温暖化問題など、化石燃料に代わる新たなエネルギー源を確保するための研究開発が行われています。

このような状況で、太陽光や風力など自然エネルギーを利用した発電が注目を集めています。
自然エネルギーは環境負荷が小さく、資源は無尽蔵に存在しますが、 初期費用が高く、安定供給が難しいという短所もあります。

そこで本シンポジウムでは、これらの諸問題に焦点をあて、中国地方における事例を踏まえ、自然エネルギー利用の今後について、皆さんと一緒に考えます。

受付終了

開講情報

開講日・時間 2009年11月14日(土)13:00~16:30(開場 12:30)
会場 広島YMCAホール(国際文化ホール)
広島市中区八丁堀7-11 広島YMCAホール周辺マップ
(当日は駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。)
対象 一般市民(高校生を含む)
定員 250名(先着順)
参加費 無料
お申し込み お申し込みは締め切りました。
プログラム 13:00~13:10 開会挨拶 広島工業大学 学長 茂里 一紘(もり かずひろ)
13:10~15:20 第1部 基調講演
1.「自然エネルギーの概況」

広島工業大学 電気・デジタルシステム工学科 准教授
川原 耕治(かわはら こうじ)

2.「太陽光発電」

中国電力株式会社 経営企画部門(電力取引) マネージャー
千葉 治義(ちば はるよし)氏

3.「風力発電」

日本風力開発株式会社 執行役員 経営企画室長
須藤 豊(すどう ゆたか)氏

4.「バイオマスエネルギー活用の現状と今後の課題」

産業技術総合研究所バイオマス研究センター バイオマス研究センター長
坂西 欣也(さかにし きんや)氏

5.「自然エネルギー活用の施策」

中国経済産業局 資源エネルギー環境部長
生越 晴茂(おごし  はるしげ)氏

第2部 パネルディスカッション 15:35~16:30
パネリスト
  • 広島工業大学 電気・デジタルシステム工学科准教授
    川原 耕治
  • 中国電力株式会社 経営企画部門(電力取引) マネージャー
    千葉 治義氏
  • 日本風力開発株式会社 執行役員 経営企画室長
    須藤 豊氏
  • 産業技術総合研究所バイオマス研究センター バイオマス研究センター長
    坂西 欣也氏
  • 中国経済産業局 資源エネルギー環境部長
    生越 晴茂氏
コーディネーター
  • 広島工業大学 電気・デジタルシステム工学科 教授
    古川 輝雄
主催 広島工業大学
後援 広島県、広島県教育委員会、広島市、広島市教育委員会、中国・四国工学教育協会、広島商工会議所、
(財)ひろしま産業振興機構、(財)ちゅうごく産業創造センター、中国新聞社、日刊工業新聞社
その他 会場内の席は自由席となっております。
整理券等は配付しておりません。