特待生(本学独自の育成制度)

平成28年度以降入学生対象制度

特待生

種類と免除額

特待生の種類は、A特待生とB特待生の2種類です。
A特待生は当該年度の授業料及び施設設備資金を半額免除します。
B特待生は当該年度の授業料及び施設設備資金のうち20万円を免除します。

目的

人間力を身に付け、かつ、学業成績が特に優秀な学生に対して授業料等を免除することにより、有為な人材の育成に資すること。

主な対象条件

主な対象条件は次のとおりです。詳しくは学務部(学生担当)へお問い合わせください。

  • 当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
  • 当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者

<平成28年度以降入学生>

前年度の年次 選考基準単位数
工学部、情報学部、 環境学部及び
生命学部(食品生命科学科)
生命学部(生体医工学科)
1年次 40単位 56単位
2年次 40単位 41単位
3年次 30単位 33単位

<令和2年度以降入学生>

前年度の年次 選考基準単位数
工学部、情報学部、 環境学部及び 生命学部(食品生命科学科) 生命学部(生体医工学科)
1年次 35単位 46単位
2年次 35単位 35単位
3年次 30単位 30単位
  • 当該年度において発展トラックに認定された者
  • 〔平成29年度以降の入学生〕
    前年度にHITポイント50P(発展トラック算入ポイント)以上を獲得している者
 

令和2年度については、新型コロナウイルス感染症の影響により変更の可能性あり

 
成績基準
  • A特待生
    前年度末における当該年度GPAが3.5以上又は特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位5%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
  • B特待生
    特待生GPA順位が当該学科及び年次において上位10%(小数点以下第1位を四捨五入)以内の者
有資格期間

当該年度1年間です。

重複受給

成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金及び広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

成績優秀者奨学金制度

給付回数及び給付額

給付額は同一年次において1回を限度とし、年額400,000円を給付します。

主な対象条件

主な対象条件は次のとおりです。詳しくは学務部(学生担当)へお問い合わせください。

  • 当該年度4月1日に在学している2年次以上の者(在学中に進級できなかった者、卒業と認定されなかった者及び懲戒を受けた者は除く)
  • 当該年度の学年で前年度において以下の表の選考修得単位数以上を修得した者

<平成28年度以降入学生>

前年度の年次 選考基準単位数
工学部、情報学部、 環境学部及び生命学部(食品生命科学科) 生命学部(生体医工学科)
1年次 40単位 56単位
2年次 40単位 41単位
3年次 30単位 33単位

<令和2年度以降入学生>

前年度の年次 選考基準単位数
工学部、情報学部、 環境学部及び 生命学部(食品生命科学科) 生命学部(生体医工学科)
1年次 35単位 46単位
2年次 35単位 35単位
3年次 30単位 30単位
成績基準

奨学生GPA順位が、当該学科及び年次において1位の者

審査

候補者はチューターが面接を行い適当と判断した場合推薦する。

重複受給

A特待生、B特待生、鶴虎太郎奨学金及び広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

平成27年度以前入学生対象制度

2年次生以上の学生のうち、学業成績が優秀で品行方正な学生に対して選考規則に基づき毎年各学科の推薦をもとに当該者を選考します。

特待生

種類と免除額

特待生の種類は、特待生Aと特待生Bの2種類です。
特待生Aは当該年度の授業料及び施設設備資金を全額免除します。
特待生Bは当該年度の授業料及び施設設備資金を半額免除します。

主な選考基準

主な選考基準は次のとおりです。詳しくは学務部(学生担当)へお問い合わせください。選考対象者は、2年次生以上の学部生で次に該当する者とします。
2年次生及び3年次生は、前年度40単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は、50単位以上修得した者とします。
4年次生は、前年度30単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は、38単位以上修得した者とします。
各年次とも単位数は、自由科目を除いたものとします。
(特待生Aの成績基準)
選考対象者のうち、前年度1 年間におけるGPAが3.5以上でGPA 順位が学科で1位の者を候補者とします。
(特待生Bの成績基準)
選考対象者のうち、前年度1 年間におけるGPAが3.5以上の者、またはGPA順位が学科で1位の者を候補者とします。

採用人数

特待生Aは、各学科(学年別)1名とします。
特待生Bは、特待生B選考基準を満たす者とします。

選考方法

候補者についてはチューターが面接を行い、特待生として適当と判断した場合、審査し決定します。

有資格期間

当該年度1年です。

重複受給

成績優秀者奨学金、鶴虎太郎奨学金及び広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

成績優秀者奨学金制度

主な選考基準

主な選考基準は次のとおりです。詳しくは学務部(学生担当)へお問い合わせください。受給候補者は、2年次生以上の学部生で、次に該当する者とします。
2年次生及び3年次生は、前年度40単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は50単位以上修得した者とします。
4年次生は、前年度30単位以上修得した者とします。
ただし、生命学部生体医工学科は、38単位以上修得した者とします。
各年次とも単位数は、自由科目を除いたものとします。
候補者についてはチューターが面接を行います。

給付人数

各学科(学年別)とも、前年度のGPA順位が、所属学科在学者数の8%以内の人数とします。(この場合の在学者数とは、当該年度の4月1日現在の人数です。)

給付回数及び給付額

給付額は同一年次において1回を限度とし、年額200,000円を給付します。

重複受給

特待生A、特待生B、鶴虎太郎奨学金及び広島工業大学同窓会奨学金と重複して受給できません。

特待生A、特待生B、成績優秀者奨学金制度については、学務部(学生担当)へ問い合せてください。