電子情報工学科

荒木 智行

教員紹介

荒木 智行ARAKI Tomoyuki

工学部 電子情報工学科 教授

研究者情報

プロフィール

【専門分野】
○非古典論理学(多値論理、ファジィ論理)の基礎と応用
○計算機科学
○情報セキュリティ
【担当科目】
情報システム(大学院) 、 符号と暗号 、 ネットワーク工学 、 情報システム設計 、 データベース 、 オブジェクト指向言語 、 プログラミングII
【研究テーマ】
1.スケーラブル量子コンピューティングに関する基礎研究
2.スケーラブル量子コンピューターのシステムズ・エンジニアリング
3.高いセキュリティを維持できるSoftware Defined Network(SDN)
4.ユビキタス技術、IoT技術に基づく高齢者・障害者支援アプリケーションの研究
【ひとこと】

今でも思います。高校までに習った数学と大学に入って習った線形代数と微積分には助けられていると。また中学・高校で習った英語には、日々助けられています。私は大学を卒業後、コンピュータメーカーに就職しました。そこで一番に思ったのは、正しい日本語で物事を考えることの必要性です。私の就職した会社は外資系でしたから、会議のメンバーに外人が入ると全員が英語で議論します。「最初から英語でものを考える」などということは、なかなかできません。日本人の思考は母国語である日本語で「論理」を組み込みます。正しい論理を身につけることはとても重要です。大学での専門科目は、当然、重要です。それらの勉強の中で数学、英語、そして思考言語としての日本語をブラッシュアップしてください。そのためにも学会などで発表する機会を利用してください。