自然災害時の授業などの取り扱い

自然災害時の授業等の取扱い

台風・大雨・大雪などの影響により、本学周辺の小学校(*)の学区において「避難指示(緊急)」が発令された場合(※1)やJR西日本山陽本線の広島駅から五日市駅までの区間が運休となる場合(※2)、またはその他の事由により大学での授業実施に支障をきす場合は、授業を休講(期末試験の中止を含む)とし、本学ホームページ上などで通知します。ただし、オンライン授業を予定している科目については、実施します。

*本学周辺の小学校は、五日市観音小学校、五日市観音西小学校、五日市中央小学校、楽々園小学校、佐方小学校です。


災害発生時間と授業等の休講について

※1※2の状況 授業の取扱い
6時の時点で継続 1・2時限及び3・4時限は休講
6時から8時49分(1時限開始時刻)までの間に発生
8時50分から10時44分(3時限開始時刻)までの間に発生 3・4時限は休講
10時45分の時点で解消 5・6時限以降は実施
10時45分の時点で継続 5・6時限以降は休講
10時45分から13時14分(5時限開始時刻)までの間に発生
13時15分から15時9分(7時限開始時刻)までの間に発生 7・8時限以降は休講
15時10分から17時4分(9時限開始時刻)までの間に発生 9・10時限以降は休講

関係情報の入手先

補講の措置について

上記理由により休講した授業は、災害振替日、授業時間割の空き時間、土曜日若しくは学生休業中に補講を行います。補講の実施日などについては、改めて掲示により周知します。

期末試験の扱いについて

期末試験が中止となった場合は期末試験期間中又は期間後に延期して実施します。試験の実施日や時間など詳細は、掲示により周知します。